トンイ 挿入 歌。 『M 愛すべき人がいて』挿入歌としても話題、安斉かれん、Beverly、lolらによる90年代リバイバル「CAN’T STOP THIS!!」MV公開

城南海、韓ドラ「トンイ」挿入歌「チョネジア」を日本語に

トンイ 挿入 歌

【曲目リスト】 1. 「Overture」作曲:イム・セヒョン 2. 「靑雲祭」作曲:イム・セヒョン(オープニング曲) 3. 「戀戀」作曲:イム・セヒョン 5. 「Red Wind」作曲:イム・セヒョン 6. 「Dusky Eyes」作曲:イム・セヒョン 7. 「Longing」作曲:イム・セヒョン 9. 「風のあと」作曲:イム・セヒョン 10. 「花酔い」作曲:イム・セヒョン 11. 「念海」作曲:イム・セヒョン 13. 「断崖」作曲:イム・セヒョン 14. 「花聯堂」作曲:イム・セヒョン 15. 「明賢」作曲:イム・セヒョン 17. 「The Returns of Destiny」作曲:イム・セヒョン 18. ついに韓国版CDも発売されました。 「トンイ」OST Part1 【発売日】 2010. 15 【曲目リスト】 1. 「천애지아(天崖至睋)」歌:チャン・ナラ 韓国版Mnet 2. 「부용화(芙蓉花)」 韓国版Mnet 【解説】 タイトル曲"天崖至睋"は、ドラマ開始から「この曲を歌った歌手が誰か?」と視聴者からの問い合わせが上がってくるなど爆発的な関心と関心を受けた曲で、歌手"チャン・ナラ"が歌唱した曲だ。 劇中トンイ(ハン・ヒョジュ)の弱々しくて悲しい感情を抜群に表現して出して、放送とアルバム関係者たちから絶賛を受けており、30人編成のオーケストラと国内最高のセッション演奏者たちが参加して曲の完成度をさらに高めてくれた。 テロップ曲"芙蓉花"は、30人余りの子供合唱団と最高レベルの声楽家たちの合唱で構成されるドラマのエンディングとBGMに使われている曲で劇中ヘグム演奏と様々なバリエーションで演奏されている曲だ。 「トンイ」OST Part2 【発売日】 2010. 1 【曲目リスト】 1. 「애별리(愛別離)」歌:イム・ヒョンジュ 韓国版Mnet 【解説】 今回Part. 2"愛別離"は、先に発売された"芙蓉花"の原曲であり、大韓民国が生んだ世界的ポップオペラテノール"イム・ヒョンジュ"と30人編成のオーケストラの壮大でドラマチックな繊細さを聞かせてくれる曲で、まるでミュージカルを聞くような感動を伝えてくれるという評価を受けている。 "愛別離"はドラマ挿入直後からファンの早い発売開始の要求を受けた曲で、韓国的な叙情性と東、西洋楽器が調和した大曲編成がかすかで悲しい感情をよく表現している。 「トンイ」OST Part3 【発売日】 2010. 9 【曲目リスト】 1. 「애월랑(愛月浪)」歌:チャン・ユンジョン 韓国版Mnet 【解説】 かつて"イ・サン"のOST"約束"で合流した国民歌手チャン・ユンジョンが"トンイ"のOSTで"愛月浪"で参加した。 コリアン室内管弦楽団とチャン・ユンジョンのかすかなアンサンブルは、国内最高のギタリスト"ハム・チュンホ"のギターとウクレレの演奏、そして国内最高のMixエンジニアTスタジオのノ・ヤンスとウェーブスタジオのチョン・ドウォンMasteringの合同作品である。 曲名"愛月浪"は"愛と月の光の波"という意味を込めており、歌詞中"涙を焼いて胸に刻んでおいた歳月"、"愛があまりにも多くて歳月が足りない"などは私たちの韓国的情緒をよく表現したという関係者たちの評価だ。 「トンイ」OST Theme1 【発売日】 2010. 30 【曲目リスト】 1. 「단애(断崖)」 2. 「연련(戀戀)」 Piano Ver. 「염혜(念海)」 4. 「명현(明賢)」 【解説】 ドラマ"トンイ"のOSTの中でテーマ曲集を主に公開。 ドラマを通じて視聴者たちの耳に慣れた各テーマ曲の一部を選別して提供し、穏やかで感動に充ちた場面に挿入されたテーマ曲を吟味してドラマ"トンイ"の余韻を感じてください。 トンイのOSTは"ホ・ジュン"、"商道"、"チャングムの誓い"、"ソドンヨ"、"イ・サン"、"12月の熱帯夜"などのOSTを作業してきたイム・セヒョン音楽監督が全曲作詞、作曲、プロデューシングしている。 「トンイ」OST Special Edition• Amazon. jp 参考価格:2,231円 【発売日】 2014. 18 【曲目リスト】 1. 「Overture」作曲:イム・セヒョン 2. 「靑雲祭 청운제」作曲:イム・セヒョン(オープニング曲) 3. 「戀戀 연련」作曲:イム・セヒョン 5. 「Red Wind」作曲:イム・セヒョン 6. 「Longing」作曲:イム・セヒョン 9. 「風の場所 바람곳」作曲:イム・セヒョン 10. 「花酔い 꽃멀미」作曲:イム・セヒョン 11. 「念海 염혜」作曲:イム・セヒョン 13. 「斷崖 단애」作曲:イム・セヒョン 14. 「花聯堂 화연당」作曲:イム・セヒョン 15. 「明賢 명현」作曲:イム・セヒョン 17. 「The Returns of Destiny」作曲:イム・セヒョン 18. 「チョネジア カバー 」 2. 「アンマ」 3. 「小夜啼鳥(さよなきどり)」 4. 「チョネジア カバー 」(カラオケ)• Amazon. jp YouTubeによるPV(by minamioffice).

次の

城南海、韓国ドラマ「トンイ」の挿入歌「チョネジア」を松井五郎による日本語詞でカバー!

トンイ 挿入 歌

表題曲はNHK総合およびBSプレミアムにて放送中の韓国ドラマ「トンイ」でストーリーが盛り上がる場面に流れる挿入歌「チョネジア」の日本語カバー。 城はもともと「トンイ」のファンだったこともあり、日本語カバーを実現させるためにこのドラマの音楽を制作している音楽家のイム・セヒョンに自身の音源を送った。 その後それを聴いたイムから「城さんの特徴のある歌声、響きが大変気に入りました。 ぜひこの『チョネジア』を歌ってほしい」と連絡を受け、今回のカバー歌唱に至ったという。 表題曲は日本語の歌詞を松井五郎、編曲を馬飼野康二がそれぞれ担当した。 また今作の発売を記念したリリースイベントが11月23日より全国7カ所にて開催される。 会場によって開催時間が異なるので、詳細は城のオフィシャルサイトにて確認を。 城南海 コメント イ・ビョンフン監督の作品は以前から、「宮廷女官チャングムの誓い」や「イサン」、そして「トンイ」が好きで拝見していました。 どの作品もストーリー、演技、音楽、全てにおいてドラマチックで、特に劇中で流れている歌が印象的なものが多く、今回「トンイ」で流れている 楽曲「チョネジア」を日本語でカバーさせて頂くことになり、とても光栄に思います。 どこか儚げで優しい音と声が胸に染み込み、画面に映るトンイの表情や言葉が重なって自然と涙が零れてくる、そんなシーンが何度もありました。 このとても重要な立ち位置にある素敵な曲を、誠実に人と向き合い、人をまっすぐに愛し続けたトンイの姿や想いを歌に投影することを心がけながら、レコーディングしました。 そして、曲中に登場する韓国の伝統楽器「へグム」が奏でる哀愁を帯びた音色や雰囲気は、私の故郷である奄美大島の音楽にも共通しており、韓国 と自分のルーツの繋がりも感じながら歌わせて頂きました。 「トンイ」の世界を味わいながら、自分の周りにいる大切な人、愛しい人を想いながら聴いて頂けたら幸いです。 城南海「チョネジア~天崖至目我~」収録曲 01. チョネジア~天崖至目我~ 02. アンマ 03. 小夜啼鳥(さよなきどり) 04. チョネジア~天崖至睋~(karaoke) 城南海「チョネジア~天崖至目我~」リリースイベント 2013年11月23日(土)東京都 マルイシティ渋谷 1F店頭プラザ特設ステージ 2013年11月24日(日)東京都 アリオ亀有 1Fサニーコート 2013年12月1日(日)福岡県 JR博多駅前広場 2013年12月1日(日)福岡県 アミュプラザ小倉 3Fコンコース 2013年12月7日(土)愛知県 イオンモールナゴヤドーム前 1Fセントラルコート催事場 2014年1月11日(土)大阪府 イオン茨木ショッピングセンタ- 1Fジョイプラザ 2014年1月12日(日)兵庫県 イオンモ-ル伊丹 1Fエンタ-テイメントコート.

次の

トンイ挿入歌「チョネジア」のチャン・ナラ!作詞作曲や歌詞と意味!

トンイ 挿入 歌

「チョネジア」は韓国ドラマ「トンイ」の挿入歌に起用されている、同作のファンにはおなじみの楽曲。 もともとドラマの大ファンであった城は、ストーリーを見進めるうちに「この曲を歌いたい」と強く願うようになり、その想いを受けたスタッフが音楽担当イム・セヒョンにオファー。 城音源を聴いたセヒョンが「城さんの特徴のある歌声、響きが大変気に入りました。 日本語詞は松井五郎、編曲は馬飼野康ニが担当。 優しい音色と城の歌声のハーモニーが心に深くしみる曲に仕上がった。 なお、シングルリリースに先駆け、10月8日から各ダウンロードサイトにて先行配信がスタートする。 10月からはBSジャパン「徳光和夫の名曲にっぽん 昭和歌謡人」にて、アシスタントとしてレギュラー出演する城。 国境を越えた歌声がどのように響くのか期待が高まるところだ。 城南海 コメント イ・ビョンフン監督の作品は以前から、「宮廷女官チャングムの誓い」や「イサン」、そして「トンイ」が好きで拝見していました。 どの作品もストーリー、演技、音楽、全てにおいてドラマチックで、特に劇中で流れている歌が印象的なものが多く、今回「トンイ」で流れている 楽曲「チョネジア」を日本語でカバーさせて頂くことになり、とても光栄に思います。 どこか儚げで優しい音と声が胸に染み込み、画面に映るトンイの表情や言葉が重なって自然と涙が零れてくる、そんなシーンが何度もありました。 このとても重要な立ち位置にある素敵な曲を、誠実に人と向き合い、人をまっすぐに愛し続けたトンイの姿や想いを歌に投影することを心がけなが ら、レコーディングしました。 そして、曲中に登場する韓国の伝統楽器「へグム」が奏でる哀愁を帯びた音色や雰囲気は、私の故郷である奄美大島の音楽にも共通しており、韓国 と自分のルーツの繋がりも感じながら歌わせて頂きました。 「トンイ」の世界を味わいながら、自分の周りにいる大切な人、愛しい人を想いながら聴いて頂けたら幸いです。 シングル「チョネジア~天崖至睋~(て んがいのわれ)」.

次の