アセロラ アンチ。 アセロラは活性酸素撃退フルーツ 美肌成分がタップリ: アンチエイジング

アセロラ・アンチエイジング 若返り サプリメント

アセロラ アンチ

スポンサードリンク しかしアンチエイジングやダイエットを実現するのに適した食品は、アセロラだけではありません。 ビタミンCやビタミンB群、ミネラルなどを豊富に含むローズヒップも、優れた美容効果を発揮する食品として有名です。 そんなアセロラとローズヒップは、いったいどちらが美容に効果があるのでしょうか? それぞれの特徴を踏まえて、ご説明していきます。 アセロラはビタミンCの王様 「ビタミンCの王様」とも言われるアセロラは、その名の通り、果物の中でトップクラスのビタミンCを含有していることが最大の特徴です。 そのためコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの肌本来の保湿成分の生成の促進、ニキビ改善に欠かせない抗炎症作用、コレステロールや血糖値の上昇を防ぐダイエット効果など、美容にも幅広く嬉しい効果がいっぱいです。 また、アントシアニンやケルセチンといったポリフェノールも含んでいることから、ビタミンCの持つ抗酸化作用との相乗効果でさらに強力に美容の大敵である活性酸素を除去する効果が期待できます。 ローズヒップはビタミン以外にもカルシウムや鉄分が豊富 日本で目にするローズヒップは、主に化粧品やハーブティーのローズヒップティーといった形状で、ドラッグストアやスーパーなどでも気軽に購入できることから、化粧品を使用したり、ローズヒップティーを飲んだことのある人も多いことと思います。 そんなローズヒップにも、アセロラ同様、豊富なビタミンCが含まれており、その量はローズヒップ100gあたり426gと言われています。 ビタミンCの含有量ではアセロラに劣りますが、それでも一日のビタミンCの摂取量が100mgということを考えると、十分ビタミンCを補給することができる食品と言えます。 また、ローズヒップにはトマトなどに多く含まれるリコピンという成分が含まれており、ビタミンCとの相乗効果で優れた抗酸化作用を発揮します。 他にもビタミンB群がバランスよく含まれているので、ニキビ改善や美肌を目指す上でもとても効果的ですし、赤くて可愛らしい色からは想像もできませんが、実はカルシウムや鉄分もたっぷり含んでいるので、リラックス効果や貧血、骨粗しょう症を予防する効果も期待できます。 アセロラとローズヒップは、どちらも甲乙つけがたい、美容に優れた効果を発揮する食品なので、それぞれ目的や好みに応じて使い分けていくことがお勧めです。.

次の

アセロラの5つの効果効能と含有する栄養素・栄養成分

アセロラ アンチ

アセロラはビタミンCの宝庫 「さいきん肌荒れしてきたな……」と思ったら、ビタミンCを手に取ることが多いでしょう。 でもアセロラほどビタミンCが豊富なフルーツはありません。 もちろん美肌効果があるのはビタミンCだけではありませんが、「シミ」「しわ」「ニキビ」のすべてに効果テキメンなのは、やはりビタミンCなんですね。 レモンの10~30倍もビタミンCがある 冒頭でちょっとだけ触れましたが、アセロラにはレモンの10~30倍のビタミンCが含まれています。 フルーツの中でも、ダントツで多いんです。 なぜアセロラには、そんなにビタミンCが含まれているのでしょうか? アセロラが栽培されているのは、南国などの暑い地域が多いんです。 暑い地域は、紫外線が強い環境ですよね。 アセロラは、そんな強い紫外線を浴びながら育つため、身を守るために自らビタミンCを増やしているんです。 南国のフルーツには、そんな知恵があるんですね。 種を途絶えさせないための本能なのでしょうか? 植物も生物の一種なんだと改めて気づきました。 産地でしか生のフルーツは食べられない アセロラは、サクランボのような可愛い真っ赤な実をつけます。 生の果実は酸味が強く、普通はなかなか食べられません。 でも日本でなかなか生の果実を見ないのは、アセロラが傷みやすいからなんです。 収穫した実は、数時間で劣化してしまうため、基本的には産地でしか食べられません。 アセロラは皮が薄いので、それが傷みやすい原因でしょう。 アセロラの効果は、美肌だけじゃない! アセロラには、美肌以外にもさまざまな効果が期待できます。 他には、どんな効果があるのでしょうか? また美肌効果は、どれくらいスゴイのでしょうか? 美肌・美白・アンチエイジング効果 アセロラの美肌効果は、シミ・しわ・ニキビのすべてを改善してくれることです。 アセロラに含まれるビタミンCは、紫外線ダメージによって増えるメラニンの生成をおさえる作用があります。 そのためシミ予防や改善に効果が期待できます。 つまり美白効果が高いということですね。 またビタミンCはコラーゲンの生成を助けるはたらきもあるため、美肌効果が高いんです。 肌のハリと弾力を取り戻してくれるでしょう。 さらにアセロラには、アントシアニンなどの「ポリフェノール」が豊富に含まれています。 ポリフェノールは抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果が期待できるんですね。 免疫力アップで風邪予防 アンチエイジング効果を発揮してくれる抗酸化作用は、免疫力アップにも効果的です。 ポリフェノールやビタミンCは、体内で増えすぎた活性酸素を除去するはたらきがあります。 そのため季節の変わり目などの体調を崩しやすい時期には、風邪予防として重宝することでしょう。 また花粉症やガン予防など、さまざまな病気予防にも効果が期待できます。 ストレスを軽減してくれる ストレスは、できれば溜めたくないですよね。 でもワタシたちは、毎日ストレスを受けながら生活しています。 これは、一生遊んで暮らせるくらいの大金が舞い込んでくるなどの幸運をつかまないと、避けて通れない現実です。 そんな逃れられないストレスから解放してくれるのが、アセロラなんです。 ストレスがたまると、体内のビタミンCを大量に消費してしまうんです。 そのため疲労がなかなか抜けなくなったり、ちょっとしたことでイライラしたりしてしまうんですね。 でもアセロラならビタミンCの王様ですから、あなたをストレスから守ってくれることでしょう。 コレステロールを下げて生活習慣病予防 最近では、ご飯に味噌汁を食べて出勤する人は少なくなっていますよね。 夕食も脂っこい食事が多くなっているのではないでしょうか? 手軽に食べられる物が増えて、世の中が便利になっていくと、人間の体はどんどん不健康になっていきます。 そのため生活習慣病の予備軍は、年々増加しています。 まだ病院に行くほどではないけど、もうすぐ糖尿病などになる可能性がある人はかなり多いと言われています。 アセロラに含まれるポリフェノールには、血行を良くして、コレステロールを下げる作用があります。 そのため動脈硬化や高血圧、心臓疾患や脳血管疾患などのリスクを軽減してくれると考えられるんです。 関節痛を改善してくれる 年齢とともに、膝や腰などの関節が痛くなることが多いですよね。 これは関節をスムーズに動かすための軟骨が、すり減ってしまうことが原因だと考えられています。 高齢になると「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」を摂って、関節痛を軽減しようとする人が増えます。 じつは、そんな関節痛にもアセロラが効果的なんです。 覚えていますか? コラーゲンの生成を助けるのは、ビタミンC。 つまりビタミンCの王様であるアセロラは、コラーゲンを増やす作用が期待できます。 そのため関節痛を緩和してくれる可能性が高いんです。 また活性酸素を除去する作用も、関節痛の緩和に役立つそうですよ。 直接的には結びつかないですが、アセロラにはこんな効果もあるんですね。 アセロラはジュースで飲む! アセロラが美容と健康にスゴイ効果があるのは、わかりました。 では、どのように摂取すれば良いのでしょうか? アセロラは、ジュースで飲むのがオススメ アセロラを摂るなら、ジュースで飲むのがいちばん手っ取り早いでしょう。 スーパーやドラッグストアでも売っていますからね。 ただし、なるべく余計なものが含まれていないアセロラジュースを選びましょう。 高いジュースだから良いとは限りませんが、比較的やすいアセロラジュースには、糖分が多く含まれています。 サプリで摂ると効率が良い アセロラジュースだと糖分が心配という人は、サプリで摂るのが最も効果的でしょう。 一定の効果を継続的に発揮させるには、サプリがいちばん効率が良いかもしれません。 水さえあれば、いつでもどこでも飲めますからね。 しかもサプリなら、必要な成分が凝縮されて含まれていることが多いです。 また、一緒に摂ると効果的な成分も配合されている場合も多いです。 アセロラは夕食後がベストタイミング アセロラを効果的に摂るには、どのタイミングで飲むのが良いのでしょうか? ビタミンCは、体にあらかじめ栄養が入っていないと吸収できません。 そのため食後が良いでしょう。 ただしアセロラには、「ソラレン」という光毒性物質が含まれています。 ソラレンを含む食品を摂った後に紫外線を浴びると、日焼けしやすくなると言われているんです。 そのため夕食後がベストタイミングです。 ソラレンは摂取から7時間経過すると、光毒性はなくなると言われています。 またタンパク質と一緒に摂ることで、コラーゲンを生成しやすくなると言われています。 タンパク質は単体で摂るよりも、ビタミンCと一緒に摂ることで体に吸収されやすくなります。 アセロラの注意点は、小まめな摂取 アセロラを美容や健康に役立てるためには、摂取方法で何か注意点があるのでしょうか? 一度に大量ではなく、小まめに摂る必要がある アセロラを摂る際の注意点は、小まめに少しずつ摂取することです。 ビタミンCは、長時間体内にとどまることができません。 体内で使われなかった分は、尿や汗と一緒に排出されてしまうんです。 そのため一度に大量に摂っても、もったいないですね。 また大量に摂ることで、下痢などの症状があらわれることもあります。 空腹時には胃が荒れることもある アセロラを摂取するタイミングは、食後が良いとご紹介しましたよね。 そのほうが吸収しやすいからなのですが、もう1つ食後がオススメの理由があります。 アセロラは空腹時に摂ると、胃が荒れることがあると言われています。 とくに胃が弱い人は空腹時を避け、食後に摂るようにしましょう。 ジュースは糖分の摂り過ぎに注意 アセロラジュースを飲む際には、糖分の摂り過ぎにならないように注意しましょう。 そのためアセロラジュースだけで摂ろうとせずに、サプリと併用すると良いでしょう。 糖分ゼロのアセロラジュースがあるのか不明ですが、わざわざそれを探すよりも、サプリのほうがオススメです。 アセロラなら美肌とアンチエイジングを約束! アセロラの驚異的な美肌効果と、健康効果についてご紹介しました。 年齢とともに減り続けるコラーゲンを増やしたり、シミを防ぐ作用もあるので、アンチエイジング効果も高いですね。 ストレスも軽減してくれるので、女性にとっては嬉しい効果のオンパレードです。 ダイエット中のストレスも緩和してくれますし、血行促進とコレステロールを下げる効果で、ダイエットもサポートしてくれることでしょう。

次の

【要注意】アセロラの美肌効果を最大限発揮できない誤った食べ方は?

アセロラ アンチ

アセロラの主要成分、ビタミン C は 100g に 1,700mg も入っており レモンの 30 倍以上だそうです。 アセロラがこれほどのビタミン C を含んでいるのは、強い紫外線を浴びて育つ過程で、身を守るためにビタミン C を大量に合成するからだそうです。 そ んなアセロラにたっぷり含まれるビタミン C は お肌のコラーゲンを産生するのを助けます。 逆に言えば、ビタミン C が不足するとコラーゲンも減少するので、シワやたるみが出来やすくなるというわけです。 また、ビタミン C には抗酸化作用があるので、 シワやたるみといった活性酸素による老化にストップをかけてくれます。 これぞ アンチエイジングには欠かせない成分といえますね。 また、アセロラはポリフェノールの一種である アントシアニンと ケルセチンを含んでいます。 アントシアニンは シミ、そばかすの原因となるメラニンを抑制してくれ、ケルセチンは抗 炎症作用があるため、ニキビなど炎症を抑えてくれます。 そこにビタミン C の抗酸化力もプラスされるので美肌だけでなく 美白効果も促進してくれるわけです。 アンチエイジングのためのフルーツと言っていいほど、お肌に良い栄養素ばかりが含まれています。 今回、当ブログをご覧のあなたにご紹介したい商品、 それは、 沖縄県本部町産アセロラの完熟果汁を100%配合したアセロラジュース、 アセロラ100です。 この商品、実はいつでも買える商品ではないんです。 というか、早い者勝ちと言っても過言ではない、非常に稀少な商品なのです。 栽培農家が少なく、無農薬、露地栽培のオリジナル商品のため、生産量が少ない上に台風が来ると収穫できなくなるので 売り切れになる可能性が非常に高いです。 人気の秘密はそれだけではありません。 商品の詳細は下記リンクよりご確認ください。 僕が説明するよりそちらの方が早いと思います。

次の