チンジャオ娘 新作。 手塩にかけた娘【画像あり】チンジャオ娘×小桜クマネコ新作 無料で読むには?

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~読了後感想と登場人物紹介|チンジャオ娘の新作

チンジャオ娘 新作

第1話 娘がただのメスになった日 ネタバレ 会社員の中村俊樹は、勤続20年でやっと主任になった。 周りは若くして昇進する者、テニス部のエースなど才能にあふれた人材ばかり。 自分には何の才能もないが、 女子高生になった可愛い娘が何よりも大事…そう思っている。 帰宅すると、娘の陽葵(ひなた)が駆け寄ってきて、 巨乳を腕に押し付ける。 父親に「あーん」と卵焼きを食べさせる娘。 中村は照れながらも受け入れ、心底娘を大切に思う。 そんな中村の唯一の希望である娘だが、 自分に全く似ていないことがどうしても気になる。 娘の陽葵は、ちゃんとヤることをヤッて生まれてきたはず… そう言い聞かせるも、人付き合いに奔放な妻を疑ってしまう中村。 ある日、妻が3日間の旅行に出かけることになった時、 中村はあるモノを受け取る。 「 他人だったら問題ないよな…ヤッても…!」 部活帰りの娘の汗のニオイに興奮し襲い掛かる父親。 分かったらさっさと脱げ!」 父は娘のシャツを無理やり脱がせる。 「 すっげ…!なんだこの巨乳は…! H…いやIカップはあるんじゃないか」 たぷたぷと揺れるおっぱいにますます興奮する父親。 「 お父さんやめて…」 嫌がる娘を無視して、 娘のおっぱいをむにむにと揉みまくる…w 「 昔はお前が母親の乳を吸っていたが、 今度はこの乳で赤ちゃんに吸わせるんだぜ…! どれ、試しに吸ってみるか…」 父親は娘の乳首を舐めまわし、指でコリコリいじる。 嫌がりながらも感じる娘。 コミックの先行配信のみ 手塩にかけた娘が俺の子じゃなと判明したので 現在のところBookLive! コミック(ブッコミ)での先行配信のみとなります。

次の

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでをガッツリ無料試し読み~

チンジャオ娘 新作

もくじ• 早速ご紹介します。 3月発売予定のチンジャオ娘さんで作らせてもらってるやつ💪タイトルは「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」になりました。 実はでもチンジャオ娘と小桜クマネコはコラボしてます。 お父さんには 「俺の娘じゃない…」そういう漠然とした不安がずっとあった訳ですね。 小桜クマネコ様はTweetの返信コメントにて、以下のように作品の全体像を表現されています。 お父さんは娘を大事に愛情いっぱいに育てている。 娘はそんなお父さんが大好き!• お父さんは娘が自分に似ていないことで実は娘が小さい時からなんとなく不安を覚えている。 部活のバドミントンを頑張っているので芸能界は断っている。 嫁と知り合ったのは社会人サークル。 嫁の性格は社交性があり活発な性格。 俺と付き合う直前まで付き合っていた男がいた。 もちろん、オレともやることやったし娘が生まれる瞬間も病院で見届けた。 ふむふむ。 なんとなく全貌は見えてきましたね。 完全に嫁は元カレの子を妊娠しておきながら、別の男と結婚したのです。 確信犯なのか、そうではないのか…(全く心当たりがないとは言わせない!) そういえば、 実際こんなドロドロ劇場がリアルに芸能界でもありました。 参考までに実話なのでちょっとご紹介しておきます。 元光源氏の大沢樹生と女優喜多嶋舞との息子A君。 A君が10歳になる頃、夫婦は離婚しますが、A君の学校の都合もあり 大沢樹生が17歳までA君を育てる訳です! ところが、A君のDNA判定で実はA君は大沢樹生の実子でないことが判明! 衝撃スクープ!!!! (2013年末) この時、喜多嶋も大沢も新たな相手と再婚しています。 そしてどろっどろの裁判がはじまるんですよ~。 この事件のポイントは、結婚する前にお腹の中にいた子供を自分の子供だと信じて育ててきたかなり可哀そうな大沢と、知ってて騙したのか、知らずに騙したのか、いずれにしても心当たりや不安はあったはずの喜多嶋舞の悪女っぷりですね。 そして、 オレの子じゃないと分かった後の親子関係はどうなるのか?! 超楽しみですね! もちろん、ジャンルはエロ漫画! ということは、 親子じゃないと分かった瞬間、 可愛い娘は女なるんでしょうね~。 新作、乞うご期待です! 「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」はどこで配信されるのか?! さて、最新作はどの配信サイトから真っ先に配信されるでしょうか?! もちろん、 BookLive! コミックです。 まず、BookLive! コミックから独占先行配信され、数か月後にFANZAやDlsiteなどで配信されると思われます。

次の

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」発売前緊急告知!予告編です!|チンジャオ娘の新作

チンジャオ娘 新作

第1話 娘がただのメスになった日 ネタバレ 会社員の中村俊樹は、勤続20年でやっと主任になった。 周りは若くして昇進する者、テニス部のエースなど才能にあふれた人材ばかり。 自分には何の才能もないが、 女子高生になった可愛い娘が何よりも大事…そう思っている。 帰宅すると、娘の陽葵(ひなた)が駆け寄ってきて、 巨乳を腕に押し付ける。 父親に「あーん」と卵焼きを食べさせる娘。 中村は照れながらも受け入れ、心底娘を大切に思う。 そんな中村の唯一の希望である娘だが、 自分に全く似ていないことがどうしても気になる。 娘の陽葵は、ちゃんとヤることをヤッて生まれてきたはず… そう言い聞かせるも、人付き合いに奔放な妻を疑ってしまう中村。 ある日、妻が3日間の旅行に出かけることになった時、 中村はあるモノを受け取る。 「 他人だったら問題ないよな…ヤッても…!」 部活帰りの娘の汗のニオイに興奮し襲い掛かる父親。 分かったらさっさと脱げ!」 父は娘のシャツを無理やり脱がせる。 「 すっげ…!なんだこの巨乳は…! H…いやIカップはあるんじゃないか」 たぷたぷと揺れるおっぱいにますます興奮する父親。 「 お父さんやめて…」 嫌がる娘を無視して、 娘のおっぱいをむにむにと揉みまくる…w 「 昔はお前が母親の乳を吸っていたが、 今度はこの乳で赤ちゃんに吸わせるんだぜ…! どれ、試しに吸ってみるか…」 父親は娘の乳首を舐めまわし、指でコリコリいじる。 嫌がりながらも感じる娘。 コミックの先行配信のみ 手塩にかけた娘が俺の子じゃなと判明したので 現在のところBookLive! コミック(ブッコミ)での先行配信のみとなります。

次の