脂肪 燃焼 スープ レシピ。 脂肪燃焼できるトマトスープの作り方!効果的に痩せる美味しいレシピ

スザンヌ発!脂肪燃焼スープの驚くべき効果とは?作り方は?

脂肪 燃焼 スープ レシピ

「脂肪燃焼スープダイエット」の方法から作り方、レシピ、体験談までを幅広くご紹介します。 野菜やトマトを使って作る、脂肪燃焼スープダイエット。 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間という短期間で驚くほど痩せる効果があるとして人気のダイエット方法です。 通常あまりに短期間で痩せようと無理な運動や食事制限をすると、継続できずストレスにより逆にリバウンドしてしまう危険性もあります。 しかし、今回ご紹介する 「食べるほど痩せる」とも言われるダイエット方法なのです。 スザンヌさんや山田優さんなどの芸能人の方も挑戦していて、周りでも 「成功した」「痩せた!」という体験談や口コミを聞くことが多いダイエット方法なのではないでしょうか。 超問!真実か?ウソか?|日本テレビ」でも、堀川杏美さんがこちらのスープダイエットに挑戦し、2週間で5. 8kgの減量(64. 6kgから58. 8kgに減量)に成功し話題になりました。 今回は、 医療用ダイエットプログラムによって生み出された短期決戦型の 「脂肪燃焼スープダイエット」の方法やレシピを1つずつご紹介します。 野菜パワーで体内にある毒素を排出し、体の代謝を上げて短期間で痩せ体質を目指しましょう! ・無制限に食べられる ・たった1週間で効果が出るダイエット ・食べるほど痩せる など「そんなうまい話があるわけない」と、一瞬疑ってしまいそうになる言葉が並んでいますが、実際にこの方法が考案された由来が、 入院患者用に作られた医療用のダイエットプログラムと聞くと信憑性が上がりますよね。 このダイエット方法の考案者は、さらさら堂治療院を開業した院長の岡本羽加(おかもと うか)先生です。 岡本先生は、東洋医学博士や、美容心理学博士・鍼灸師などとしても評価されている方で、数々の功績から2004年には、日本文化振興会より 社会文化功労賞を授与されています。 さらに、2007年にはという本も出版し話題になりました。 脂肪燃焼スープダイエットとは? それでは、脂肪燃焼スープダイエットについて簡単に説明していきます。 脂肪燃焼スープダイエットは、一言で説明すると 野菜スープを1週間飲み続けるダイエットです。 ダイエットにかかる費用は、料理をつくるための食材費のみという手軽さ。 その他の余分なコストは全くかからないので、経済的負担も避けられるというのは嬉しいポイントです。 コストがかからないことと、スープを飲むだけという簡単さもあって、これまでダイエットが続かなかった人にとってもかなり継続しやすい、人気の高いダイエット方法です。 ただ個人差があるため1. 5kgという方もいれば、2kg、4kg痩せたという声などさまざまです。 脂肪燃焼スープダイエットに向く人の特徴 過去に長期間の食事制限ダイエットや、運動ダイエットに挑戦して、1度挫折した人にはおすすめできます。 7日間集中するだけで、痩せられる脂肪燃焼スープダイエットは「野菜が嫌い」な人でなければチャレンジすることができます。 また、後ほど作り方やレシピもご紹介していますが、通常のダイエットメニューよりも作り方が簡単で、料理が苦手という方にもおすすめ。 味も自分好みに変えられるので、飽きっぽい人に合ったダイエット方法といえるでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットの誕生秘話 とある病院の心臓外科で誕生した、脂肪燃焼スープダイエットの誕生秘話を簡単にご紹介します。 手術が必要な患者さんがいたのですが、肥満体質で体に脂肪の層がたっぷりついており、手術したい部位までメスが届かない状態でした。 このままでは手術ができず、 生死にかかわる大問題。 困ったドクターは短期決戦型のダイエットプログラムを作ることにしました。 1日の大半をベッドで寝て過ごしている患者さんは、もちろん運動ができません。 そこで、なんとか食事だけで脂肪を燃焼させるプログラムを考案し、病院食として提供しました。 1週間続けたところ、 患者さんは見事に痩せて手術も大成功。 という話です。 ここででてくる疑問がが、なぜスープを飲み続けるだけで痩せるのでしょうか? 脂肪燃焼スープダイエットで痩せる理由には、大きく分けて 「デトックス効果」「脂肪燃焼効果」の2つが挙げられます。 それでは、その2つの効果を具体的にひとつずつみていきましょう。 デトックス効果 野菜スープであれば満腹になるまで、大量に飲んでも問題がないダイエット方法ですので、ただひたすら野菜スープを飲むことになります。 すると、必然的に野菜を多く摂ることができ、食物繊維の影響で デトックス効果が見込めるようになります。 デトックス効果とは、カラダの中の老廃物や毒素を排出する 「解毒」「毒出し」のことをいいます。 体内の毒出しをすることで ・体内の栄養の吸収効果を高める ・新陳代謝を活発にする ・血液やリンパの流れをスムーズにする ・免疫力自体を高める など、身体に嬉しい効果が期待できます。 これは、体調の改善(不眠症解消なども)や老化の防止はもちろん、肩凝り・むくみ・便秘の解消など、さらにはアレルギー体質改善にまでつながるとされています。 一種の体内のクリーニングと思っていただいて問題ないかと思います。 老廃物を体外に排出し、便通も良くなり毒素も排出。 イメージとしては、体の中に溜まっていた生ごみを出す感覚です。 脂肪燃焼効果 次に説明するのが、 脂肪燃焼効果についてです。 それでは、なぜ食事だけで脂肪が燃焼するのでしょうか? それは、 糖質を摂らないダイエットだからです。 どういうことかといいますと、人間は一定期間糖質を摂らないと、エネルギー源として糖質ではなく、体内に蓄えてある 脂肪を使うようにできています。 身体の脂肪は蓄えですが、蓄えは何でも使えば減ります。 身体がエネルギーとして脂肪を使ってくれれば、今まで蓄えていた脂肪が減っていき、体重を減少させることができます。 さらに、後ほどレシピもご紹介しますが、野菜がメインのレシピなので、油も使わずただ煮込むだけのスープです。 毎日食べるスープのカロリー自体が低いため、 カロリー制限ダイエットの役割も果たすのです。 野菜スープお鍋いっぱいに作り、1日3回食べたとしても、スープ自体のカロリーはだいたい 160~200kcal程度(1食あたり300g食べた場合)にしかならない為、後で説明する日替わり食材を併せたとしても1日のカロリーを1000kcal以下に抑えやすくなります。 参考 ︎ 参考 ︎ 糖質制限ダイエットと、カロリー制限ダイエットのダブルの効果を、たった1つのダイエットの方法で試すことができるのです。 このように、医学的に説明できるダイエット方法だということがわかりました。 それでは、その気になるダイエット内容を具体的に見ていきましょう。 脂肪燃焼スープの食事内容 基本的な食事は、 1日3食の野菜スープ(トマトスープ)を食べることになります。 このメニューに日替わりの食事が追加されていきます。 つまり 「野菜スープ+日替わり食材」 こちらが1週間のメニューになります。 詳しくは、後述する7日間のスケジュールを参考にしてみてください。 ルール この脂肪燃焼スープダイエットを行うにあたって、守らなければならないルールがいくつか存在します。 ルールは以下で説明する6つです。 1.ダイエットを始める24時間前からアルコールは禁止 2.甘味料の摂取は禁止(人工甘味料やカロリー0の飲料も含め) 3.飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみ 4.必ずスケジュール通りのメニューで行う 5.夕食の前には、スープを1皿飲んで、暴食を防ぐ 6.スープの量は減らしてはいけない という6つのルールですが、いかにも病院にありそうなルールです。 続いては、いよいよ実際に行う7日間のスケジュールを見ていきましょう。 脂肪燃焼ダイエットの7日間スケジュール 1日目の内容 日替わりでフルーツが食べられる日 食べてよいものは、野菜スープとフルーツです。 フルーツは バナナ以外です。 野菜スープもフルーツもいくら食べても構いません。 2日目の内容 日替わりで野菜が食べられる日 食べてよいものは、野菜スープと野菜です。 野菜スープも野菜もいくら食べても構いません。 3日目の内容 日替わりでフルーツと野菜が食べられる日 食べてよいものは、野菜スープとフルーツと野菜です。 フルーツはバナナ以外です。 野菜スープもフルーツも野菜もいくら食べても構いません。 4日目の内容 日替わりでバナナとスキムミルクが食べられる日 食べてよいものは、野菜スープとバナナとスキムミルクです。 野菜スープとバナナはいくら食べても構いません。 スキムミルクは500mlです。 1~3日目までのメニューでは、タンパク質を殆ど摂らないという内容でした。 タンパク質の不足は、筋力の低下などの原因となってしまいます。 4日目からのメニューでタンパク質を摂取することになります。 5日目の内容 日替わりで肉とトマトが食べられる日 食べてよいものは、野菜スープと肉とトマトです。 野菜スープと肉とトマトはいくら食べても構いません。 肉の代わりに魚を食べても構いません。 6日目の内容 日替わりで牛肉と野菜が食べられる日 食べてよいものは、野菜スープと牛肉と野菜です。 野菜スープと牛肉と野菜はいくら食べても構いません。 残るはあと1日なので頑張りましょう! 7日目の内容 普段の食事に少しずつ戻していく日 食べてよいものは、 玄米と野菜とフルーツジュースです。 フルーツジュースは、果汁100%で甘味料の入っていないものだけです。 玄米と野菜とフルーツジュースはいくら食べても構いません。 以上が7日間のスケジュールです。 いかがでしたか? メニューをきいて、これなら続けられそうと思った方も多かったのではないでしょうか。 期間も1週間と期限が決まっているため、楽しみながら行えることもあり成功しやすいダイエットとされています。 ただ、3日目以降にタンパク質をとるといっても通常よりはタンパク質の摂取量が減りますので、7日間限定で行いましょう。 脂肪燃焼スープダイエットの作り方・レシピ それでは、スケジュールに登場していた基本となるメインの 「野菜スープ」の作り方をご紹介します。 使用するのは 「玉ねぎ、セロリ、キャベツ、トマト、ニンジン、ピーマン」の6種類の野菜です。 スープは、作りやすい量でまとめて作っておくのがベストです。 材料 たまねぎ・・・硫黄化化学物である「硫化アリル」を含みます。 コレステロールの増加を抑え、血液をサラサラにします。 セロリ・・・ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含みます。 キャベツ・・・ビタミンU(キャベジン)を多く含みます。 胃の粘膜の修復に役立ちます。 食物繊維も多く含みます。 風邪をひきにくくします。 抗酸化作用を持つリコピンも含みます。 強力な抗酸化力を持つ緑黄色野菜で美容効果も期待できます。 ピーマン・・・燃焼成分「カプシエイト」を含み、脂肪燃焼効果が期待できます。 脂肪燃焼スープダイエットのアレンジレシピ ただ、7日間毎日同じものを食べるというのはどうしても飽きがくるものです。 基本の野菜スープを作ったら、それをアレンジして味を変えることができるのでチャレンジしてみましょう!これにより味に飽きてダイエットに挫折するということもなくなります。 今回は、簡単にアレンジできる 調味料を集めてみました。 アレンジに役立つ調味料 カレー粉 粉末のカレー粉を用意し、基本のスープにカレー粉を投入します。 カレー味スープになり、カレー粉に含まれる クルクミンや スパイスの作用で脂肪の燃焼を高める効果もあります。 また、脂肪燃焼スープの具は基本的にカレーに合う味ばかりなので美味しく食べることができます。 脂肪燃焼スープにもカレー粉を入れることで、飽きていた味も食べやすくなります。 市販されているカレー粉よりは、スパイスでできたカレー粉を使うことをおすすめします。 スパイスから作られたカレー粉であれば、小麦粉が含まれていないので、カロリーを抑えることができます。 キムチ 続いては、たまに急激に食べたくなるキムチのアレンジレシピです。 脂肪燃焼スープの味に飽きたときに加えると、味が変わって飽きなくなるのはもちろん、唐辛子に含まれる カプサイシンの効果によって、脂肪燃焼力を高めることができます。 辛いものを食べると汗がでるように、発汗作用も期待できるので「新陳代謝」の向上にも役立ちます。 また、脂肪燃焼スープにキムチを加えるだけなので作り方も簡単。 大量に作り置いたスープに後々キムチを足しても問題なく食べることができます。 チリソース 基本のスープにチリソースを投入します。 チリソース味スープになります。 唐辛子の サプサイシンで脂肪燃焼促進効果が上がります。 豆乳 基本のスープに豆乳を投入します。 豆乳味スープになります。 イソフラボンや ビタミンEが補われ美容効果も期待できます。 味噌 基本のスープに味噌を投入します。 味噌味スープになります。 ビタミンEで老化防止効果もあります。 ポン酢 基本のスープにポン酢を投入します。 ポン酢味スープになります。 クエン酸で代謝促進が期待できます。 しょうゆ 基本のスープにしょうゆを投入します。 しょうゆ味スープになります。 しょうゆ等の発酵食品は胃酸分泌を向上し、消化を助けます。 このような調味料であれば、加えてもダイエットに影響しませんので「味に飽きてきた」という方はぜひ調味料を加えてみてくださいね。 口コミや体験談 それでは実際に、脂肪燃焼スープダイエットの効果はどのようなものなのでしょうか。 実際に脂肪燃焼スープダイエットを行った方の口コミを見ていきましょう。 まずは、このダイエットに成功した方の口コミをご紹介します。 今回は、東京都の女性(30代)にインタビューしてみました。 ダイエットの動機 Q・・・なぜダイエットしようと思われたのですか? A・・・半袖のお洋服を着るようになったところ、知らない間に太っていてショックでした。 何とか痩せたいと思い、それまでダイエットらしきことはしたことがなかったのですが、やってみようと思いました。 このダイエットを選んだ理由 Q・・・なぜ脂肪燃焼ダイエットを選ばれたのですか? A・・・友人にこのダイエットで成功した人がいました。 1週間で見た目的にも確かに痩せたので、私もやってみようと思いました。 実際にやったこと Q・・・実際にどのようなことをされましたか? A・・・まずは成功した友人にいろいろ教えてもらいました。 ルールを把握して、スケジュールも紙に書き出して忠実に真似することにしました。 プログラムが組まれているので余分なことを考えずに済みます。 お料理は苦手ですがスープなので特に難しいものでもありませんでした。 日替わりの食材でお料理を作るのがやや大変でしたが、シリコンスチーマーに食材を入れてレンジで調理する簡単クッキングで乗り切りました。 結果 Q・・・結果はどうでしたか? A・・・1週間で5キロほど痩せました。 かなりの成功です。 体重が痩せると確かに二の腕や太ももも痩せていきます。 サイズ的に大満足でした。 このダイエットの感想 Q・・・このダイエットの感想を教えてください。 A・・・1週間の期間限定のダイエットなのでやりやすかったです。 何も考えずにただ淡々と取り組んでいきました。 お通じもよくなり、野菜の効果を実感しました。 今のところリバウンドもしていません。 即痩せしたい場合におススメの方法だと思います。 脂肪燃焼スープダイエットで「痩せない」「効果なし」とならない工夫 それでは続いて、脂肪燃焼スープダイエットで失敗するケースもあるのでしょうか。 実行したけど痩せなかったという方の口コミを見ていきましょう。 インタビューにご協力していただいたのは、神奈川県の女性(20代)です。 ダイエットの動機 Q・・・なぜダイエットしようと思われたのですか? A・・・結婚式を控えていたのですが、慣れないストレスから太ってしまいました。 何とか元の体重に戻そうと思い、ダイエットすることにしました。 このダイエットを選んだ理由 Q・・・なぜ脂肪燃焼ダイエットを選ばれたのですか? A・・・時間がなかったため、短期間でできるダイエットを探していました。 たどり着いたのがこのダイエットでした。 野菜スープならいくらでも食べられるダイエットのため、挫折しないだろうと思ってやることにしました。 実際にやったこと Q・・・実際にどのようなことをされましたか? A・・・とにかく野菜でスープを作って、それを飲み続けました。 結果 Q・・・結果はどうでしたか? A・・・途中で挫折しました。 主な原因は、スープの味に飽きてしまったことと、体重が全然減らずにモチベーションが下がってしまったことでした。 このダイエットの感想 Q・・・このダイエットの感想を教えてください。 A・・・挫折した後であれこれ調べて分かったことは、ずいぶんいい加減な方法でやっていたということでした。 脂肪燃焼スープダイエットと普通の野菜スープダイエットの違いもよく分かっていませんでした。 もしかしたらちゃんとやれば痩せたのかもしれません。 再挑戦してみようかと思っています。 脂肪燃焼スープのレシピとダイエット方法を知ってチャレンジ! 脂肪燃焼スープダイエットをする上で非常に重要なことは、ルールを守ってスケジュール通りに実行するということです。 発祥が医療用のダイエットプログラムですので、きちんと理由があってプログラムが組まれています。 脂肪燃焼スープダイエットのことを理解せず、ただ単に野菜スープを飲み続けるダイエットをしてしまうと、タンパク質不足など様々なデメリットもでてきてしまいます。 準備するものも食材のみという簡単さ、期間もたった1週間という短期的で、忠実にプログラムを守りさえすれば効果が出やすいダイエット方法です。 ぜひ挑戦して1週間後に「今とは違うスリムな自分」を手に入れてみてください。

次の

7日間 脂肪燃焼ダイエット

脂肪 燃焼 スープ レシピ

脂肪燃焼スープの基本の作り方 最初に脂肪燃焼スープダイエットの主役となる脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。 脂肪燃焼スープは、使用する材料がとても重要になります。 基本の野菜はキャベツ、玉ねぎ、人参、ピーマン、セロリ、トマトの6種類を使います。 時期によってはトマトが入手しにくいといった場合もありますが、その場合には、トマト缶やトマトジュースを流用してください。 基本的にこの6種類の野菜をたっぷりと使ったスープを飲むダイエットになります。 味付けは基本的にはコンソメと塩コショウになります。 ある程度作り置きができますので簡単にダイエットする事ができます。 脂肪燃焼スープの効果 脂肪燃焼スープの効果は、やはり脂肪燃焼効果です。 選ばれた6種類の野菜を摂取する事によって、腸内環境を整えダイエット効果を事ができます。 また、炭水化物などを取らないのでプチ断食のようなイメージに近いかも知れません。 腸内環境を整え、疲れている胃を休める効果が期待できますので、体質改善なども期待できます。 脂肪燃焼スープダイエットの方法 脂肪燃焼スープダイエットは、1週間決められた内容で食事を行うダイエット方法ですので、メニューをしっかりと厳守することが必要になります。 1日目のメニューは、スープとバナナ以外のフルーツに決められています。 水分補給する場合には、水か100パーセントのフルーツジュースもしくはお茶に限定されております。 2日目のメニューは、スープとトウモロコシや豆類以外の野菜になります。 3日目のメニューは、スープとジャガイモ以外の野菜とフルーツ、4日目のメニューは、スープとバナナ3本とスキムミルク、5日目のメニューは、スープと350グラムから700グラムくらいで脂肪分の少ない肉とトマト、6日目のメニューは、スープと牛肉とジャガイモ以外の野菜、7日目のメニューは、スープと玄米と野菜とフルーツジュースになります。 これで飽きない!アレンジレシピ7つ 脂肪燃焼スープダイエット、一週間同じ野菜の入ったスープを飲み続けるダイエットになります。 三食同じスープですとどうしても飽きがきてしまいますので、少し味を変えながら楽しむ事が重要になります。 脂肪燃焼スープダイエットに飽きてしまって途中で断念してしまっては、それまでの努力が水の泡になってしまいますので、なるべく飽きさせないような工夫が必要になります。 これから脂肪燃焼スープダイエットにチャレンジする方の為に、一週間しっかりと続けられるような飽きさせないアレンジアイテムをご紹介します。 カレー粉を加える カレー粉を加えるのはとても効果的なアレンジです。 カレー粉といっても軽く振りかけるタイプのカレー粉でして、一般的なカレーライスを作るカレールーを入れてしまうとカロリーオーバーになってしまいますのでNGです。 カレー粉には、様々なスパイスが入っております。 中には脂肪燃焼効果を高めるスパイスなども含まれておりますのでおすすめです。 味噌味で和風に 味噌を少し加えて和風にするのもおすすめです。 トマトベースに味噌なんて合わないと思われるかも知れませんが、トマトは和風味に非常に相性の良い食材です。 最近ではおでんのタネにも使われておりますし、お味噌汁の具などにも登場しています。 昔から慣れ親しんだお味噌の味を堪能する事で辛いダイエット中にも落ち着く事ができます。 チーズも色々な種類がありますが、できれば脂肪分の少ないチーズを選ぶようにしましょう。 最近では脂肪分の少ない粉チーズなどもありますのでおすすめです。 豆乳を加えてヘルシーに 豆乳を加える事によって、味をまろやかにする事ができます。 セロリなどが苦手な方の大半がセロリ特有の臭いが苦手というケースが多いので、豆乳を入れる事によって臭いを消すまではいきませんが、かなり抑える事ができます。 中華スープでエスニック風 コンソメなどのスープの元の代わりに中華スープの素を入れると、少しエスニック風の味になりますので脂肪燃焼スープダイエットに飽きてきた頃などに取り入れると、また元気で続けられるようになります。 中華スープの中にも色々とありますが、味をあまり濃くし過ぎてしまうと続けにくくなってしまいますので濃度には十分に注意してください。 キムチを入れて脂肪燃焼 キムチに含まれているカプサイシンには脂肪を燃焼する効果が期待できます。 その為、脂肪燃焼スープにキムチを少し加える事によって味を変えつつ、より脂肪燃焼効果を高めるスープにする事ができます。 キムチの中には臭いが強いものなどもありますので、加えるのは夜がおすすめです。 春雨をパスタ代わりに 脂肪燃焼スープダイエットを続けて行くと、途中で炭水化物が恋しくなってしまう事があります。 そんな時には無理に我慢してストレスをためないように、パスタの代わりに春雨などを入れて気分転換するのがおすすめです。 カロリーが少なく、食物繊維の多い春雨は、脂肪燃焼スープダイエットの終盤のスープに飽きてしまったときなどにおすすめのアレンジレシピです。 脂肪燃焼スープダイエットにオススメの商品 脂肪燃焼スープダイエットを成功させようと思ったら、色々と成功率を高めるグッズなどの力を借りるのが一番です。 歴史のあるダイエット方法ですので、色々とおすすめグッズがありますが、今回はその中でも特におすすめな物を厳選してご紹介します。 やせぐせスープと煮込み200 主婦の友生活シリーズ 主婦の友社から発売されている「やせぐせスープと煮込み200」は、簡単で美味しいスープのレシピが200種類も紹介されている大人気レシピ本です。 非常に低カロリーなレシピが紹介されておりますので、脂肪燃焼スープダイエットが終わった後の食事などに取り入れると、リバウンドする確率を下げる事ができます。 ひかり味噌 おいしさ選べるスープはるさめ ヨーロッパ紀行 8食 ひかり味噌から発売されている「おいしさ選べるスープはるさめ ヨーロッパ紀行」は、脂肪燃焼スープダイエットの終盤のスープに飽きて来て、炭水化物が恋しくなる時期におすすめのアレンジアイテムです。 食物繊維の豊富なはるさめを脂肪燃焼スープに入れる事で、まるでパスタを食べているような満足感を得る事ができます。 お値段もリーズナブルですので、お昼のお弁当のお供などにも最適です。 これらの商品の補助を借りて、この脂肪燃焼スープダイエットを行った方が良いと思います。 より具体的な情報を取り入る事が出来ますし、いつもの食事から急にこの食事に変更することも内臓に負荷をかけてしまう一つになる可能性もあります。 ですので、このような商品の力を借りて努力の成果をしっかりと出すこともやりがいを感じる方法だと思います。 まとめ 脂肪燃焼スープダイエットの最大の敵は飽きです。 空腹感は少ないので食事制限ダイエットの中ではかなり簡単な部類に入るダイエット法となっております。 しかし、色々とアレンジをし過ぎてしまうと、ダイエット効果が薄れてしまいますので注意が必要になります。 また、難易度が低いといっても食事制限系のダイエットですので、やはり注意しなければリバウンドが起こる可能性がありますので脂肪燃焼スープダイエット後には十分に注意するようにしてください。

次の

飽きたら試してみて!脂肪燃焼スープのアレンジレシピ7つ|feely(フィーリー)

脂肪 燃焼 スープ レシピ

脂肪燃焼スープダイエットのやり方と口コミや人気レシピ!痩せない場合の対処法は? お腹いっぱい食べることができるのに、 痩せられるスープがある、とインターネット上で話題となっている ダイエット方法をご存知でしょうか。 それは、 脂肪燃焼スープダイエットです。 ダイエット経験者なら、誰もが一度は味わったであろう「食べたくても我慢しなければいけない」というストレス。 このストレスこそ、ダイエットを失敗に導いてしまう一番のネックなのですが、そのネックが取り払われたものが 脂肪燃焼スープダイエットなのです。 しかも、ダイエット期間はたったの一週間。 半年、一年を有して少しずつ体重を落としていくのが、体に最も負担を掛けないダイエット方法だということは誰もが知っていることですが、だからといってそれほどの長い期間、ずっとモチベーションを保ち続けるのも至難の業と言えますよね。 でも一週間なら、ちょっと頑張って続けてみようかなと思えるのはないでしょうか。 そこで今回は、脂肪燃焼スープダイエットについて調べてみました。 そもそも、脂肪燃焼スープとはどのようなものなのか? どうしてスープを飲むだけで痩せることができるのか?など、疑問に思うことを中心にしっかりと調査していますので、是非一度お読み頂けたらと思います。 脂肪燃焼スープダイエットとは? 脂肪燃焼スープダイエットとは、読んで字の如く、 脂肪燃焼効果のあるスープを飲むダイエット方法です。 しかも、通常のダイエットでは食事の量を制限しますが、このダイエット方法では脂肪燃焼スープを飲めば飲むほど痩せられるというというのが画期的。 これまでの「ダイエット=我慢」と全く対極にあると言っても過言ではないダイエット方法なのです。 その発祥は、心臓外科手術前に体重を落とす必要があった肥満の患者が、健康的に、なおかつ短期間に痩せるために病院で出された食事が元になっていると言われています。 脂肪燃焼スープダイエットの方法は、脂肪燃焼効果のある野菜が入ったスープを7日間、決まったスケジュールで摂取するだけ。 たったこれだけなのに、驚くべき効果が期待できるのが、脂肪燃焼スープダイエットです。 脂肪燃焼スープダイエットのメリット 脂肪燃焼スープダイエットの最大のメリットは、ダイエットのためにわざわざ道具や材料を買い揃える必要がないということです。 ダイエット方法の中には、専用の器具が必要だったり、近くのスーパーでは入手困難な食材を手に入れなければならないものがありますが、脂肪燃焼スープダイエットは身近な食材だけで簡単にダイエットフードを作ることができます。 また、ダイエットにつきものと言える空腹のストレスがなく、お腹いっぱい食べることができるのもこのダイエットのメリットと言えるでしょう。 ダイエットにおいて一番難しいのが、このストレスをどう克服するかですが、脂肪燃焼スープダイエットでは最初からその心配をする必要がないのです。 さらに、家族と同居している場合などに、通常の食事の用意と合わせてダイエットメニューを別に準備しなくていけない、という手間も省けます。 スープは一度で大量に作ってしまえば数日は持ちますし、野菜がたっぷり入っているのでダイエットのためだけではなく、健康維持の目的で家族も一緒に摂ることができるため、自分だけダイエットをしているという孤独を感じることもなくなります。 脂肪燃焼スープダイエットの効果!一週間でマイナス5~8kgは減量可能なの? 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間、つまり一週間で行うのが決まりとなっています。 ダイエットを1ヶ月、半年、1年と続けるには、かなりのモチベーションを要しますが、一週間なら何とか頑張れそうと思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、逆に「一週間、スープを飲み続けるだけで痩せるとか・・にわかには信じられない」と感じる方もいらっしゃいますよね。 実際、脂肪燃焼スープダイエットの触れこみにも〝一週間で7kg減!〟とか〝これで5kgの減量の成功!〟など、ダイエットで体重を落としたい人には心躍る文言が並んでいることから、それが反対に胡散臭いと感じる方もいるでしょう。 ですが、結論から申し上げると、脂肪燃焼スープダイエットによって一週間で5~8kgの減量は可能となっています。 絶食するだけでもないのに、痩せることができる理由は脂肪燃焼スープダイエット独自のルールにありますが、そこについては下記から詳しくご説明していきます。 脂肪燃焼スープダイエットの基本レシピ(材料や作り方) 脂肪燃焼スープダイエットを行うには、まずは脂肪燃焼スープを作る必要があります。 ここでは、その脂肪燃焼スープの作り方についてご説明したいと思います。 <用意するもの>• トマト(大きめのもの)3個• たまねぎ 3個• セロリ 1本• キャベツ 半玉• にんじん 1本• ピーマン(パプリカでも可) 1個• コンソメスープの素(もしくはブイヨン、かつお節と昆布の和風だしでもよい)• 水 <作り方> 1. 材料を適当な大きさにカットする。 生のトマトがない場合は、400gのトマト缶で代用してもよい 2. 切った材料を鍋に入れ、そこにひたひたになるくらい水を入れる 3. 鍋を火にかけ、野菜を煮る 4. コンソメの素を入れ、水を足しながら野菜がくたくたになるまで煮る 脂肪燃焼スープダイエットのルールや禁止事項 脂肪燃焼スープダイエットは、ただ脂肪燃焼スープを食べていればよい、というわけではありません。 ダイエットを行う7日間(厳密に言うと、ダイエットの開始前)には決められたルールがあり、そのルールを守って初めて、ダイエット効果がいかんなく発揮されます。 では、脂肪燃焼スープダイエットを行う上で、守るべきルールや禁止事項には一体何があるのでしょうか。 ダイエット開始の24時間前からアルコールは摂らないようにしましょう。 万が一、お酒を飲んでしまった時は、24時間以上空けてから行うようにして下さい。 甘味料は摂らないようにしましょう。 ダイエット中の飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみです。 カロリー0の飲み物であっても、甘味料が使われているものは飲んではいけません。 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間の食事のスケジュールが全て決まっています。 そのスケジュールに沿って必ず食事を行うようにしましょう。 夕食を食べる時は、最初にスープを1皿以上食べるようにしましょう。 ダイエットをしているからと言って、スープの量を減らすことはしないようにして下さい。 お腹いっぱいになるまで食べるようにしましょう。 7日間脂肪燃焼スープダイエットのスケジュールとやり方 ここでは、脂肪燃焼スープダイエットの7日間スケジュールを詳しくご説明したいと思います。 このダイエット方法では、決められたメニューをしっかり食べることが大切になりますので、間違えないように注意して下さい。 一日目:スープとフルーツのみの日 脂肪燃焼スープと、バナナ以外のフルーツなら何を食べてもよい日となっています。 また、水分は水か100%のフレッシュジュースのみとなっています。 市販されている100%のジュースの中には、糖分が含まれるものもあるため、購入の際には気を付けるようにしましょう。 二日目:スープと野菜のみの日 野菜は、豆類とスイートコーン以外は何を使っても構いませんし、調理法も油を使わなければ蒸しでも焼いてもよいです。 夕食にベイクドポテトを食べてもよいでしょう。 三日目:スープと野菜とフルーツの日 スープと野菜とフルーツを、好きなだけ食べてもよい日です。 ただし、ベイクドポテトは食べないようにしましょう。 四日目:スープとバナナ、スキムミルクの日 スープの他に、バナナを3本とスキムミルクを500ml飲みましょう。 それぞれ摂取しても構いませんが、バナナと水、氷、スキムミルクをミキサーにかけて、バナナシェイクにして飲むと同時に摂れるのでお勧めです。 また、4日目は水分を多めに摂ることを心掛けて下さい。 五日目:スープと肉とトマトの日 350~700gの牛肉の赤身、もしくは同量の鶏肉か煮魚を食べましょう。 トマトは6個まで食べてもよいですが、スープを必ず一杯以上は飲むようにして下さい。 六日目:スープと牛肉と野菜の日 牛肉の摂取量の制限はないので、好きなだけ食べても買いませんが、スープは必ず一杯飲むようにして下さい。 また、野菜はベイクドポテト以外なら何を食べてもよいでしょう。 七日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日 玄米、野菜、フルーツジュースを摂取します。 玄米が苦手な方は、リゾットにすると食べやすいでしょう。 スープは必ず一杯は飲むようにしましょう。 脂肪燃焼スープダイエット成功のポイントは? 脂肪燃焼スープダイエットとは、脂肪燃焼作用がある野菜を中心としたスープを毎食摂ることで、 脂肪燃焼効果を得るとともに摂取カロリーを抑えてダイエットをする方法になります。 脂肪燃焼スープダイエットは一週間と決められた期間があり、その間だけは基本的には朝食、昼食、夕食はすべてスープのみとなりますが、果物や牛肉を食べられる日もありますし、スープならいくらおかわりしてもOKなのでダイエットのように空腹に悩まされることはありません。 そのため、チャレンジした方の多くは体重が落ちるなどの成果を得ていますが、いくらダイエット効果があると言われても毎食同じスープを飲むのは飽きてしまうもの。 そこで食べ飽きしない工夫として、簡単に味を変えられる調味料を利用している場合が多いようです。 特に、カレー粉やトウガラシは調味料自体にダイエット効果が期待できるので、食べ飽きした時以外にもダイエット効果を高めるために利用してみるのがよいでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットのおすすめ人気レシピ 脂肪燃焼スープダイエットをもう少し手軽に行いたい時は、アレンジしたメニューを加えることで、味に飽きがこなく長く続けることができます。 そこでここでは、脂肪燃焼スープダイエットのお勧めレシピをご紹介します。 脂肪燃焼スープO型用 トマト、ブロッコリー、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ピーマンを適当な大きさにカットして、昆布、鶏ガラスープの素、かつお節とともに水で煮込みます。 野菜が煮えたら、食べる前に塩、しょうがを入れて完成です。 参考URL: 脂肪燃焼スープ豆乳味 キャベツ、にんじん、ピーマン、セロリ、玉ねぎ、ささみ、舞茸、トマト缶、すりおろしたしょうが、水、無調整豆乳、コンソメを入れて煮込むだけ。 仕上げに塩を入れて味を調えます。 参考URL: 白菜の脂肪燃焼スープ 白菜と人参を細かく切り、水で煮て本だしと味噌を加えます。 しばらく煮た後、醤油とごま油を加え、火を止め、ごまと刻んだねぎを入れます。 器に盛り、大葉とすりおろしたしょうがを加えて完成です。 参考URL: 毒だし脂肪燃焼スープの作り方 デトックス効果の高い毒だし脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。 材料を揃える手間があるものの、一度で大量に作ってしまえば後は楽ちんですので、ぜひ試してみましょう。 毒だし脂肪燃焼スープの材料 ・玉ねぎ(大3個) ・セロリ(一本。 水分が減ってきたらその都度足しましょう。 野菜が苦手な場合はどうすればいいの? 野菜が苦手な方が、脂肪燃焼スープを飲むのはなかなかつらいと思いますが、野菜に含まれる豊富なビタミンやミネラルこそが脂肪を燃焼させるためには欠かせないものです。 そのため、脂肪燃焼スープに成り代わるスープというのは、残念ながらありません。 ただし、材料の中の「たまねぎが苦手・・」「セロリが嫌い・・」という場合には、それ以外の代用品を使うことで脂肪燃焼スープを完成させることができます。 例えば、キャベツが嫌いなら、同じアブラナ科のブロッコリーを入れるとよいでしょう。 また、たまねぎは煮込むと形がなくなってしまいますが、それでも苦手という場合はニラ、セロリが嫌ならモロヘイヤやほうれん草、といった具合です。 ちなみに、トマトの代用品はないため、脂肪燃焼スープダイエットを行うついでに、トマト嫌いも克服してみましょう! 脂肪燃焼スープダイエットのデメリット 脂肪燃焼スープダイエットを行うにあたって、最も懸念されるのがたんぱく質不足です。 5日目と6日目を除いて、一週間の多くは野菜や果物のみとなるため、一日に必要なたんぱく質の量が絶対的に足りなくなってしまいます。 たんぱく質は私達の体を作るために欠かせない成分で、特に基礎代謝に関わりのある筋肉にも影響を与えてしまうことになります。 たんぱく質が減り、筋肉が作られなくなると、代謝が落ち、太りやすく体になってしまいます。 そのため、たんぱく質を豊富に含むお肉が食べられる5日目、6日目には、たっぷりと補給する必要があります。 間違っても「お肉の量を減らした方がもっと痩せられる」と思わないようにしましょう。 脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドの心配はないのか? 脂肪燃焼スープダイエットによって、ダイエットに成功しても、心配なのはダイエット後のリバウンドのことですよね。 通常の食事に戻した途端、体重も元に戻ってしまうのでは?と思う方は多いのではないかと思います。 勿論、ダイエットで痩せたからといって、いつもより食べ過ぎてしまったら、当然太るのは目に見えていますし、ダイエット前の食生活が荒れていた場合も、その食事に戻してしまえば、やはり再び太ってしまうでしょう。 このダイエットを通じて、改めてこれまでの食生活を見直し、栄養バランスの優れた食事を心掛けることが大切になります。 脂肪燃焼スープダイエットの口コミ 脂肪燃焼スープダイエットが世の中に紹介されてから数年が過ぎましたが、今なおこのダイエットにチャレンジする方が多くいらっしゃいます。 それだけ人気となっている秘密には、やはりダイエット効果が得られること、が挙げられますが、実際このダイエットに取り組んだ方はどのような感想をお持ちなのでしょうか。 「スケジュールをきっちり守って行うことができれば、誰でも確実に痩せられる気がします。 5kgじゃなくても、一週間で2~3kg落ちたら成功と言えるのではないでしょうか。 」 「食事の量を制限するダイエットは自分には不向きのため、お腹いっぱい食べることができるこのダイエットは、自分にはとても合っていました。 体重も落ち、体調も良好です。 」 「スープの味に慣れて飽きてしまったため、カレー粉やスパイスなどを利用して、味を変えながら続けました。 結果的には3kgのマイナスがフィニッシュ。 期間を空けてからまた一週間チャンレジしようと思っています。 」 「以前、脂肪燃焼スープダイエットをして一週間で5kg痩せ、今もリバウンドなく体重をキープしています。 最近は、外食や飲み会などで食べ過ぎた日の翌日に脂肪燃焼スープを飲むようにして、これで体重の増減を調整しています。 」 脂肪燃焼スープで痩せない場合の原因と対処法 脂肪燃焼スープダイエットは、数多くのダイエット方法の中でも効果が高いとして知られているものです。 しかし、そのような中でも実際に脂肪燃焼スープダイエットをしてみたけれど、思うように痩せることができなかった・・という方がいます。 その場合、次のような原因が考えられます。 対処法とともにご紹介したいと思います。 脂肪燃焼スープダイエットでは、一週間に食べる食事が決まっており、その中にはフルーツや肉、スキムミルクなどがあります。 これらは、脂肪燃焼スープのみを摂取して代謝を下げることがないよう、考えられているメニュー。 そのため、「ダイエットの効果をより高めたいから」と言って脂肪燃焼スープのみを摂ってしまうと、返って体の調子を損ねてしまったりします。 また、脂肪燃焼スープを野菜が入ったスープと位置づけ、実際にはそれほど脂肪燃焼効果の期待できない野菜ばかりを食材に使って、ダイエット効果を得られていない場合もあります。 このようなことを避けるためには、脂肪燃焼スープダイエットは決められた材料でスープを作り、プログラムを遂行することが大切になります。 低カロリーでたくさんの野菜を使っているため、食べれば食べるほどダイエット効果が高まるとも言われていますよね。 しかし、いくらダイエットによいと言っても、毎日20杯も30杯も食べていたら摂取カロリーのオーバーになってしまうでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットはお腹いっぱい食べてもOKですが、だからと言って極端な食べ過ぎはダイエット効果を失わせてしまうこともあります。 一週間で痩せる脂肪燃焼スープダイエットで-8kgの効果!のまとめ 脂肪燃焼スープダイエットは、必ず7日間という期間を守って下さい。 野菜には多くの栄養が含まれますが、それだけではバランスが崩れてしまうためです。 もし、2週間行いたい場合は、続けて行わずに7日間が終わったら、数日~数週間体を休ませた上、体調を整えてもう一週間行うようにしましょう。

次の