グー チョコ ランタン スプー。 「ぐ〜チョコランタン」のキャラ設定が意外と細かい。

ぐ〜チョコランタン スプー/アネム/ズズ/ジャコビ 歌詞情報

グー チョコ ランタン スプー

こんにちは。 世代の第一人者です。 あと、ゆとりの世代です。 この前、BARでの話になった時に家に帰っての事を調べると意外な事実がたくさん出てきました。 あらすじ がトーフの惑星に怪獣退治に出かけてから2ヶ月。 1人になってすっかり落ち込んだ。 とぼとぼと歩いて行くうちにはチョコランタンの町にたどり着く。 そのチョコランタンに住んでいる3人組、とズズとジャコビは道端に置いてあったパピラプスを拾う。 とジャコビが壷と勘違いしてるうちにがやってきて、そこから物語が始まった。 出典: 結構、ざっくりしたストーリーですがよく考えるとは彷徨って彷徨って知らない街に着いたって事ですよね。 年齢設定は三歳くらいらしく、あそこまでしゃべったり出来るのはがの言いなりすぎてドン引きした時くらい驚きました。 メンバーの紹介をしていきますね。 (spoo) 本作での主人公。 チョコランタンへ迷い込んだ男の子。 3歳くらい。 体色は。 一人称は「僕」。 食いしん坊でのんびりした性格。 恥ずかしがり屋。 「パピラプス」という魔法のを持ち歩いており、吹くと不思議なことが起こる。 じゃんけんとしりとりが非常に弱く、何回やっても負けてしまう(じゃんけんはの方が弱い)。 好きな食べ物は。 が苦手。 昼寝が趣味。 東の森(下記参照)に落ちてきた時以前の記憶がほとんどない。 「と」時代はと二人で暮らしていたが、が怪獣退治のため豆腐の惑星に行ってしまった(後に帰還)ことをきっかけに森から出てくるようになった。 前述のとおり出自不明のだが、実はラグナグ星の王子プリンスラグナグであることが示唆されている。 出典: しりとりが弱いって知ってました? その設定いる?そんなが大好きです。 (Anem) 本作でのヒロインの一人。 ズズの姉。 体色は。 一人称は「あたし」。 わがままだけど頼りになる達3人のまとめ役。 だが時にはそれが行き過ぎて、自己中心的な行動をとってしまうこともある。 朝に弱く、寝起きが悪い。 好きな食べ物は。 嫌いな食べ物は。 が苦手。 おしゃれが大好き。 かなりの目立ちたがり屋で、アイドルになることを夢見ている。 を習っているが、あまり上手ではない。 父親から貰ったポシェットを肩からさげている。 父親は船乗りで、長期間家に戻らない。 ペットとしての「エンゼルちゃん」を飼っている。 出典: 父親は船乗りで家にいない事を初めて知りました。 よく、AV女優とかアイドルになる人って人から愛されたいとかそういう理由でやったりするとかって話を聞きますがも寂しかったのかもしれない。 の顔じゃアイドルになれないと思う。 大人になって改めて思う。 ズズ(Zuzu) 本作でのヒロインの一人。 体色は。 一人称は「ズズ」、からは「おチビチビ」と呼ばれている。 幼い割に冷静かつしっかり者で、感情的になりがちなのなだめ役でもある。 しかし泣き虫な一面も持つ。 好きな食べ物は、嫌いな食べ物は。 が苦手。 虫や動物と会話ができる力を持っている。 怒ると「ニャニャニャニャ……」と言いながら回転し「ニャニャニャハリケーン」という竜巻を起こす。 ペットとして海で捕獲したの「りゅうのすけ」を飼っている。 出典: 出ましたズズ。 しゃべり方が異常なほど好きだった。 いつも冷静にツッコむズズを見て漫才やるならズズと組むんだって願望がありました。 と兄弟って知らなかった。 ジャコビ(Jacobee) 3兄弟の末っ子。 体色は。 一人称は「僕」。 方言は博多弁と共通語。 熱血野郎だが、ドジでおっちょこちょい。 お調子者な性格だが、根は頑張り屋。 一方では寂しがり屋。 手先が大変器用で、機械のと、・が得意。 家は「ジャコビ飯店」というを経営しており、配達の手伝いもする(店のおかもちにはジャコビの顔が描かれている)。 にただならぬ好意を寄せており、たびたび彼女の気を引こうとするが、いつも空回りしてしまいがちである。 得意の太鼓は、チョコランタンの太鼓大会で毎年優勝するほどの実力である。 嫌いな食べ物は。 との他、青虫といった芋虫系の生き物が苦手。 を元にした独特の言葉を使うが、彼の家族が全員そうであるかどうかは不明。 出典: 的なキャラクターかと思えばめちゃめちゃ優しいジャコビ。 に恋をしているけど、は少しメンヘラ気味だからジャコビは苦労するなこれから。 ジャコビとの恋は実らないまま最終回を迎えてしまったから残念だ。 (Gataratto) 伝説の勇者。 年は200歳近くといわれている。 体色は。 一人称は「ワシ」。 東の森に落ちてきたと出会い、それが切っ掛けでと共に生活をすることになった。 普段はおどけた態度を取っているが、時には厳しく接する事も忘れない教育熱心な面も持ち合わせている。 知識も豊富で、ら4人にとっての生き的な存在である。 勇者というだけあって、ジャコビを投げ飛ばしたり、瓦を割ったり等、その身長からは想像できないほどの実力の持ち主である。 とが趣味。 時にいろいろなを引く。 よく変装をするがいつも見破られている。 下手なシャレを織り交ぜた発言で周りを白けさせることも。 学生時代、「勉強好きのガッ君」と呼ばれていたらしい。 好物はのとご飯。 出典: 勇者?全然知りませんでした。 ちょっと、ジャッキーチェーンの雰囲気を感じるのは僕だけでしょうか。 学生時代って、設定がわかりません。 ズズは虫と会話できる能力があるって書いてあったけど、それってファンタジーかなって思うけど学校あるのか。 ってなると困惑します。 でも、好きだよ。 200歳なのに3歳のの面倒見るとかすばらしい。 最終回 アバンは4人が広場でいつものように楽しく遊んでいるところ。 夕方になり、そろそろ帰らなくちゃということで「さよなら、またね」の1番のみを歌い、明日は海岸で遊ぼうと言い残し帰っていく。 そして次の日、海で楽しく遊んでいるといつの間にか夕方になり「昨日帰りが遅くてママに叱られた」というようなことを口々に言い、また明日と帰っていく。 3人を見送ったは「ママか…」とつぶやく。 そこへがやってきて「そろそろ行こうか」と声をかける。 は1人で「さよなら、またね」の2番のみを歌う。 行こうとするが、少しの間に待ってもらい、浜辺に何か指で書いている。 書き終わると立ち上がり、と共に夕日に向かって歩いていく。 浜辺には「またね」と書き残されたが、波に打たれて少しずつ消えていった。 出典: 最終回泣けます。 「ママか、、、」切なすぎます。 この四人が大好きです。 歌も懐かしいですね。 オープニングを口ずさみながら登下校していました。 まとめ アニメの世界はファンタジーです。 shimokitannchu.

次の

ぐ〜チョコランタン

グー チョコ ランタン スプー

NHKの子供番組おかあさんといっしょの中の「グーチョコランタン」が終わります。 スプーとガタラットが「行こうか・・・」とどこかに行ってしまったのですが、 そもそもなんであの2人が一緒にどこかにいってしまったのでしょうか? 子供が興味をもって見始めた時には「グーチョコランタン」はもうすでに始まっていたので、1話目からは見ていません。 どんな感じで始まったのでしょうか・・・。 たまにスプーが「おかあさんかぁ・・・いいなぁ」とつぶやいたりするのを見て、いったいスプーにはどんな背景が??家族がいないの??とずっと気になっていました。 最初から見ていて知ってるかた、教えてください。 よろしくお願いします。 ユーザーID: 1276690798 スプーは1999年に杉田・つのだコンビが始まった時期に登場しましたが、そのときの人形劇はドレミファどーなっつというものでした。 2000年からチョコランタンが始まり、その時からスプーも人形劇に出るようになりました。 スプーとガタラットはもともと一緒に住んでいて(だったと思います)、何かではぐれて、スプーだけがチョコランタンにたどりつき、そこでアネム・ズズ・ジャコビに会って友達になりました。 その後、ガタラットがチョコランタンにやってきてスプーに再開し、また一緒に住むことになった、ということだったと思います。 おかあさんといっしょは99年からずっと子供と見ていたのですが、去年からあまり見ておらず、残念ながらチョコランタンの最終回も見逃しました。 さびしい最終回だったのですね。 ユーザーID: 2588811818• 長い長い物語でした:1 ウィキとか読めば概略はわかりますが、ちょっと物語風に解説します。 始まりは風船でした。 ガタラットのすむ森に、大きな風船につかまった男の子、スプーが飛来します。 スプーは自分に関するすべての記憶をなくしていました。 両親のこと、自分が住んでいた町も、すべて。 ガタラットはスプーを元の場所に帰してやることも出来ず、両親が探し出してくれるまでと、とにかく一緒に生活することにします。 しかし、二人ののんびりした生活はやがて一変します。 それは、勇者・ガタラットに向けた、トーフ星からの救助信号でした。 ガタラットは勇者として、怪獣の暴れているトーフ星へ赴くことになります。 しかし、子供のスプーを連れてはいけません。 後ろ髪を惹かれる思いで、ガタラットは一人、スプーを残し遠く旅立つのです。 (以上、「スプーとガタラット」編) …2に続く。 ユーザーID: 6102908701• 長い長い物語でした:2 さて、森に一人残されたスプーは、やがて一人の寂しさに耐えかねて、森を抜けて近くの街を目指します。 それが「チョコランタン」です。 チョコランタンには、3人の子供がいました。 ジャコビ、アネム、ズズです。 3人は夢をかなえてくれるという伝説の星、「ラグナグ星」に行くことを目的に、「ラグナグ団」という秘密グループを作っていました。 そこに、スプーがやってくるのです。 3人は始め、見かけない子供のスプーに警戒心たっぷりで、まったく関心を示さずむしろ邪魔者扱いします。 しかし、スプーの穏やかな気持ちに3人の心はときほぐされ、またスプーのラッパの不思議な力もあり、スプーを正式に「ラグナク団」に入団させ、友達として迎え入れるのです。 …さらに3に続く。 ユーザーID: 6102908701• 長い長い物語でした:3 さて、4人は楽しく過ごしていましたが、やがて広場に小さな、空き缶のような宇宙船が墜落します。 それはトーフ星で無事怪獣を倒し、帰還したガタラットの乗った宇宙船でした。 ガタラットは墜落のさい記憶を失い、スプーのこともわかりません。 しかしスプーはじめ、4人の子供たちの献身的な介護のかいあって、ガタラットは記憶を取り戻します。 ガタラットはスプーのためにチョコランタン近くの森に生活の拠点を移し、スプーと共に、スプーの両親が迎えに来てくれることを待つことにするのでした…。 (以上、「ぐ〜チョコランタン」編冒頭部) で、現在のお話となります。 この間、2で書いた「スプーのラグナグ団とのいさかい」が、当時はいじめではないかとNHKに苦情があったんですよ。 懐かしいなぁ。 そうか、最終回ですか(涙)。 スプーは両親に会えるといいなぁ…(泣)。 ユーザーID: 6102908701• 話題ランキング• 今知った本当のストーリー トピ主さま、こちらをお借りして横質問することをお許しください。 チョコランタン終わっちゃったんですね。 3月いっぱいまであるのかと思っていました。 20日が最終回だったのですか?見逃してしまいました(涙)。 最終回を見られた方、大体のあらすじを教えていただけませんか?? 私も現在4歳半の娘と「おかいつ」デビューした頃はすでにチョコランタンは始まっており、このトピとしあんさんのレスのおかげで今ごろになってやっと話の流れを知りました。 ありがとうございます。 最後どうなって終わったのか気になって仕方ありません。 よろしくお願いします!! トピ主さま、失礼いたしました。 ユーザーID: 4024584068• 最終回 曖昧ですが。。 「ぐ〜チョコランタン」の始まりが分かって驚きました。 昨年の夏にやっていた、スプーはラグナグ星の王子様だった、 という話とつながってなんだかうれしいです。 >きりん様 最終回、家事をしながら横目で見ていたので曖昧ですが。。 いつものようにスプーたち4人が楽しそうに遊んでいました。 あっと言う間に時間が過ぎ、「またね」といった感じの歌を歌って別れます。 次の日? 、また4人でいろんなことをして遊び、時間が過ぎ、 「また明日ね〜」といった感じでスプー以外の3人が家に帰ります。 スプーは1人砂浜で昨日と同じ歌を歌い、寂しそうに砂浜に文字を書きます。 すると、ガタラットが「そろそろ行くか」とスプーに声をかけ、 スプーとガタラットはどこかに歩いていきます。 スプーの書いた文字が最後に映り、それは「またね」。 そしてその文字は波で消えてしまいます。。。 こんな感じだったと思います。 まさかこの日が最終回だとは思わず、 なんとなく見ていただけだったので、これで終わり?!と少しショックです。 ユーザーID: 8787050872• 私も、子供向けの「グーチョコランタン」がそんなにも長い、深い話だったなんてかなり驚きました! しかもスプーの背景がとてもかわいそうなところから始まっているんですね。 記憶をなくして、さらに一緒に暮らしていたガタラットともお別れして 子供なのに1人ぽっちだったなんて・・・。 正直子供向け番組でそこまできちんとした過去が描かれているなんて思ってもみなかったのでほんとに驚きです。 最終回は決まっていたんでしょうね。 スプーやアネム達の着ぐるみ(?)がとってもきれいでふわふわしていたので、 「最終回一番最初に撮ったのかな〜」なんて思いながら見ていました。 砂浜に「またね」と書いて、スプーはガタラットと歩き始めるのですが、 途中で振り返って立ち尽くしたりしていて、 「寂しいラストだなぁ・・・」と大人でもそう思いました。 ところでうさうさぎさん、スプーはラグナグ星の王子様だったんですか!? しあんさんのお話にも出てきてなかったので、 さらに驚いています! やっぱり結構複雑な話なんですね。 だからスプーのラッパは不可能を可能にできるのかなぁ? ユーザーID: 0340079888• 最終回の件 携帯からで失礼します。 3月28日放送が正規の最終回となりました。 スプーから視聴者の皆へのお手紙をお姉さんが読み、「僕はチョコランタンにずっといるよ」とつづられていました。 なおそれに伴い以前お盆に放送された「ラグナグ星編」が再放送されました(スプーが王子様と言う話は実は夢オチで、夢の話だけど本当の話かも知れない、と匂わせるような終わりかたでした)。 それから話題の「またね」と砂浜に書かれた話ですが、数回放送された話の再放送だと思います。 夏の終わりとか3月とか、節目によく放送されたあの話じゃないかと(20日のは見てなかったので断定できませんが)。 見始めたころ3歳の子供も今年中学生です。 子供はとっくに卒業してましたが、母だけが見てました(恥)。 モノランモノランは…「怖い」(下の子評)だそうで、今後に期待。 ユーザーID: 6665621570• 最終回じゃなかったみたいですよ 私もグーチョコランタンがそこまで奥の深い話とは知りませんでした! そして砂浜に「またね」の最終回が寂しく思った一人です。 ところが、これ最終回じゃなかったみたいなんです。 あれから数日して、また続きが再開しまして。 うろ覚えなんですが、また4人+ガタラットで砂浜で遊んでるシーンから始まりまして、釣りをしていたら砂浜にキラキラした物体があがるんです。 それがスプーのラッパに反応して、宇宙船を呼び出し…4人だけ宇宙船に吸い込まれ。 スプーのラッパを宇宙船に嵌め込むと、ラグラグ星へ出発します、というアナウンスが。 そのまま4人でラグラグ星に向かうんですが、途中で別の宇宙船に攻撃を受けラグラグ星へ不時着。 攻撃を仕掛けた一味のボスはスプーのことを知ってる様子。 そのまま茶色いの 名前忘れた とズズは捕らえられ、アネムとスプーは一旦逃げて救出に向かいます。 と、ここまでは見たんですが、飽きた息子に邪魔されてその後は分かりません。 スプーが王子様、というのは。。 >mimi 様 しあん様が書いていらっしゃるように、スプーがラグナグ星の王子様、 という話は、夢オチで終わるんです。 ナツキ様が書いていらっしゃるのがそのお話です。 以下続き スプーはジャコビとズズを救出に行ったところでボスと遭遇し、 自分がラグナグ星の王子であることを知ります。 さらに、ラグナグ星の王が持つべきラッパを渡すように言われます。 拒否すると、スプーのママを連れてきて、脅しをかけます。 ママの命と引き換えにできないスプーはラッパを渡しますが、 ラッパはボスを拒否し、スプーがラッパを吹くことでボスを撃退。 スプーはラグナグ星の王となるため星に残ることになり、 アネム達3人は涙涙でチョコランタンへ帰っていく。 というところで場面は現実の砂浜に戻り、スプーはアネムに起こされ、 夢から目が覚める。 スプーは夢の内容は覚えていない。 終了 私の中では、これは夢オチになっているけれど、きっと実際は こういう設定なんだ、と信じていたので断定的な表現をしてしまいました。 びっくりさせてしまってごめんなさい。 そして長々失礼しました。 ユーザーID: 8787050872• 続きが気になっていたので しあんさん、うさうさぎさん、ナツキさん、詳しくありがとうございます。 読めば読むほど深くて長ーーーい話だったんですね! 子供 3歳半 はいまだに「なんでスプーとズズとジャコビとアネムのやらないのかなぁ」などと言っています。 とびとびでしか見てなかったし、いつもその回だけで話がまとまって終わっていたので 短編形式のものだと思っていました。 根柢のストーリーを聞いて、最初から見てみたいなぁなんて思ってしまいましたが、 そんなに長い話だったら見るのに一苦労ですね・・・。 みなさんの書かれているような、本編に沿う内容の回は見たことがないので 残念です。 夢オチ話のスプーのママをぜひ見てみたいです!!、 ユーザーID: 1276690798.

次の

「ぐ〜チョコランタン」のキャラ設定が意外と細かい。

グー チョコ ランタン スプー

こんにちは。 世代の第一人者です。 あと、ゆとりの世代です。 この前、BARでの話になった時に家に帰っての事を調べると意外な事実がたくさん出てきました。 あらすじ がトーフの惑星に怪獣退治に出かけてから2ヶ月。 1人になってすっかり落ち込んだ。 とぼとぼと歩いて行くうちにはチョコランタンの町にたどり着く。 そのチョコランタンに住んでいる3人組、とズズとジャコビは道端に置いてあったパピラプスを拾う。 とジャコビが壷と勘違いしてるうちにがやってきて、そこから物語が始まった。 出典: 結構、ざっくりしたストーリーですがよく考えるとは彷徨って彷徨って知らない街に着いたって事ですよね。 年齢設定は三歳くらいらしく、あそこまでしゃべったり出来るのはがの言いなりすぎてドン引きした時くらい驚きました。 メンバーの紹介をしていきますね。 (spoo) 本作での主人公。 チョコランタンへ迷い込んだ男の子。 3歳くらい。 体色は。 一人称は「僕」。 食いしん坊でのんびりした性格。 恥ずかしがり屋。 「パピラプス」という魔法のを持ち歩いており、吹くと不思議なことが起こる。 じゃんけんとしりとりが非常に弱く、何回やっても負けてしまう(じゃんけんはの方が弱い)。 好きな食べ物は。 が苦手。 昼寝が趣味。 東の森(下記参照)に落ちてきた時以前の記憶がほとんどない。 「と」時代はと二人で暮らしていたが、が怪獣退治のため豆腐の惑星に行ってしまった(後に帰還)ことをきっかけに森から出てくるようになった。 前述のとおり出自不明のだが、実はラグナグ星の王子プリンスラグナグであることが示唆されている。 出典: しりとりが弱いって知ってました? その設定いる?そんなが大好きです。 (Anem) 本作でのヒロインの一人。 ズズの姉。 体色は。 一人称は「あたし」。 わがままだけど頼りになる達3人のまとめ役。 だが時にはそれが行き過ぎて、自己中心的な行動をとってしまうこともある。 朝に弱く、寝起きが悪い。 好きな食べ物は。 嫌いな食べ物は。 が苦手。 おしゃれが大好き。 かなりの目立ちたがり屋で、アイドルになることを夢見ている。 を習っているが、あまり上手ではない。 父親から貰ったポシェットを肩からさげている。 父親は船乗りで、長期間家に戻らない。 ペットとしての「エンゼルちゃん」を飼っている。 出典: 父親は船乗りで家にいない事を初めて知りました。 よく、AV女優とかアイドルになる人って人から愛されたいとかそういう理由でやったりするとかって話を聞きますがも寂しかったのかもしれない。 の顔じゃアイドルになれないと思う。 大人になって改めて思う。 ズズ(Zuzu) 本作でのヒロインの一人。 体色は。 一人称は「ズズ」、からは「おチビチビ」と呼ばれている。 幼い割に冷静かつしっかり者で、感情的になりがちなのなだめ役でもある。 しかし泣き虫な一面も持つ。 好きな食べ物は、嫌いな食べ物は。 が苦手。 虫や動物と会話ができる力を持っている。 怒ると「ニャニャニャニャ……」と言いながら回転し「ニャニャニャハリケーン」という竜巻を起こす。 ペットとして海で捕獲したの「りゅうのすけ」を飼っている。 出典: 出ましたズズ。 しゃべり方が異常なほど好きだった。 いつも冷静にツッコむズズを見て漫才やるならズズと組むんだって願望がありました。 と兄弟って知らなかった。 ジャコビ(Jacobee) 3兄弟の末っ子。 体色は。 一人称は「僕」。 方言は博多弁と共通語。 熱血野郎だが、ドジでおっちょこちょい。 お調子者な性格だが、根は頑張り屋。 一方では寂しがり屋。 手先が大変器用で、機械のと、・が得意。 家は「ジャコビ飯店」というを経営しており、配達の手伝いもする(店のおかもちにはジャコビの顔が描かれている)。 にただならぬ好意を寄せており、たびたび彼女の気を引こうとするが、いつも空回りしてしまいがちである。 得意の太鼓は、チョコランタンの太鼓大会で毎年優勝するほどの実力である。 嫌いな食べ物は。 との他、青虫といった芋虫系の生き物が苦手。 を元にした独特の言葉を使うが、彼の家族が全員そうであるかどうかは不明。 出典: 的なキャラクターかと思えばめちゃめちゃ優しいジャコビ。 に恋をしているけど、は少しメンヘラ気味だからジャコビは苦労するなこれから。 ジャコビとの恋は実らないまま最終回を迎えてしまったから残念だ。 (Gataratto) 伝説の勇者。 年は200歳近くといわれている。 体色は。 一人称は「ワシ」。 東の森に落ちてきたと出会い、それが切っ掛けでと共に生活をすることになった。 普段はおどけた態度を取っているが、時には厳しく接する事も忘れない教育熱心な面も持ち合わせている。 知識も豊富で、ら4人にとっての生き的な存在である。 勇者というだけあって、ジャコビを投げ飛ばしたり、瓦を割ったり等、その身長からは想像できないほどの実力の持ち主である。 とが趣味。 時にいろいろなを引く。 よく変装をするがいつも見破られている。 下手なシャレを織り交ぜた発言で周りを白けさせることも。 学生時代、「勉強好きのガッ君」と呼ばれていたらしい。 好物はのとご飯。 出典: 勇者?全然知りませんでした。 ちょっと、ジャッキーチェーンの雰囲気を感じるのは僕だけでしょうか。 学生時代って、設定がわかりません。 ズズは虫と会話できる能力があるって書いてあったけど、それってファンタジーかなって思うけど学校あるのか。 ってなると困惑します。 でも、好きだよ。 200歳なのに3歳のの面倒見るとかすばらしい。 最終回 アバンは4人が広場でいつものように楽しく遊んでいるところ。 夕方になり、そろそろ帰らなくちゃということで「さよなら、またね」の1番のみを歌い、明日は海岸で遊ぼうと言い残し帰っていく。 そして次の日、海で楽しく遊んでいるといつの間にか夕方になり「昨日帰りが遅くてママに叱られた」というようなことを口々に言い、また明日と帰っていく。 3人を見送ったは「ママか…」とつぶやく。 そこへがやってきて「そろそろ行こうか」と声をかける。 は1人で「さよなら、またね」の2番のみを歌う。 行こうとするが、少しの間に待ってもらい、浜辺に何か指で書いている。 書き終わると立ち上がり、と共に夕日に向かって歩いていく。 浜辺には「またね」と書き残されたが、波に打たれて少しずつ消えていった。 出典: 最終回泣けます。 「ママか、、、」切なすぎます。 この四人が大好きです。 歌も懐かしいですね。 オープニングを口ずさみながら登下校していました。 まとめ アニメの世界はファンタジーです。 shimokitannchu.

次の