貼り ドラパルト 壁

おにび、でんじは、トラックルーム、のろいなどを持った型が増えて単体では見れなくなってきたので改善の余地あり。 ニンフィア 特性 フェアリースキン 性格 ひかえめ 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:188 特攻:4 特防:4 素早さ:60 実数値 202-x-109-144-151-88 技 ハイパーボイス マジカルフレイム めいそう みがわり 調整意図 S:無振りアーマーガア抜き 解説 低い防御を補うHBベースの配分 ニンフィアの努力値配分を決める上で最初に考えたのがSラインで、 役割対象で種族値が近いブラッキーを確実に抜くために実数値を87 としていました。 わざ:とんぼ返り・ドラゴンアロー・ゴーストダイブ・はがねのつばさ 最も始めに流行った型で、汎用性は非常に高いです。

技のカスタマイズ性が高い悪戯心持ち:オーロンゲ• 準速でもと同速のため環境によっては少しでも火力を高められる準速の方が良いかもしれない。 ドラパルトは型が豊富かつ、技範囲が広いポケモンなので全ての型のドラパルトを対応することは難しいです。
貼り ドラパルト 壁

しかし、• もちもの:いのちのたま・きあいのタスキ・こだわりスカーフ・こだわりハチマキ• にもかかわらず、わざわざアーマーガアにドラパを投げてくるということは、特殊型で火炎放射か10万ボルトを打ちに来たということです。 年明けに徹夜しては2度としません. そこでドラパの誘う悪タイプに強く、壁下での強力なエースとなれる を採用した。

19
単体攻撃にこだわるならドラゴンダイブやドラゴンクロー、またダイマックス時の火力を重視するならげきりんの採用も考えられる。
貼り ドラパルト 壁

・努力値 H4-A252-S252 ・実数値 176-167-120-x-120-152 ・技構成 フレアドライブ ワイルドボルト インファイト しんそく ・耐久ライン ただのぶっぱ。

17
運用について。
貼り ドラパルト 壁

これらを総合的に考慮した上で各々の構築に適した壁貼り役を見つけたい。

11
こだわり系と違ってダイマックス時も無効にならず、突破力が増す。 持ち物• 終わりに 以上が今シーズン使用した壁ドラパルト構築の紹介となります。
貼り ドラパルト 壁

バトンタッチ:今回のコンセプト技。 こいつ単体でHBドヒドイデが確定2発のため、A上昇バトンできると水無効ポケモンがいないパーティにはイージーウィンできる。

3
大体2匹目に選出して積んでいき相手の構築を壊していく役割を持つ。
貼り ドラパルト 壁

タスキを温存したい場合はゴツメ持ちを見抜く必要がある。 コンセプトは鬼火で相手の物理アタッカーを機能停止に追い込み、ワイドブレイカーでAダウンをさせることで身代わりを破らせず、ゴーストダイブすることで火傷の定数ダメージを稼ぎつつ、こっちは食べ残しで回復していくという、非常にいやらしい型になっています。 そこで、 「ラムのみ」を持たせることで対策への対策を施し、 その他の状態異常技にも強いダイマックスエースとしました。

12
に火傷を入れる行動は極めてリスキーであるが、実際にそうした立ち回りをしてくる相手が一定数いた為、現環境のローブの特性は「根性」を推奨する。 攻撃技は主に初手のドラパルトミラーが発生した場面で欲しいと思う時が多々あったが、「鬼火」・「呪い」のどちらも同じぐらい重宝する場面が多かった為、攻撃技を完全に切って補助技のみを採用することにした。
貼り ドラパルト 壁

相手がとくこうの高いポケモンであれば、1ターン目にひかりの壁、2ターン目にリフレクターを使います。 先発とんぼ返りで偵察しつつ相手のHPを2割前後削る役• ドラゴンアロー(みがわりやたすきを破壊しつつ攻撃するときに)• まとわりつく 虫 20 100 相手交代不可 4~5ターン継続ダメージ。 連続攻撃の一致竜技を持つのでタスキやみがわりにも強い。

6
相手のパーティから誰がスカーフを持っているかを予想しつつ動かそう。
貼り ドラパルト 壁

ちなみに麻痺をまけば最速まで抜ける。

11
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー. が多いこと、放電や飛び跳ねるでの麻痺も無視できないことからラムの実以外は持たせられませんでした。