在職 老齢 年金 制度 と は。 在職老齢年金について知りたい|公益財団法人 生命保険文化センター

在職老齢年金とは?計算方法・早見表・支給停止基準額を解説

在職 老齢 年金 制度 と は

今年のテーマは「年金とその周辺知識」です。 年金制度が今後どのように変わっていくのか、また社会保障制度である健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険や福祉的な給付制度等も取り上げていきたいと思います。 第1回目は在職老齢年金制度についてお話します。 言葉の意味としては、厚生年金に加入して働きながら、一定以上の給料を得ている60歳以上の厚生年金受給者を対象に、その厚生年金額の一部または全部が減額される仕組みのことです。 なぜ、こういう仕組みになっているか、国の言い分としては次のようなことです。 1. 働いていても不利にならないようにすべき(60歳台前半はまだ働いて給料が受け取れる元気な世代なので、一定の限度額までは給料も年金も受け取れるようにしましょう) 2. 現役世代とのバランスから、一定以上の賃金を得ている方については、年金給付をある程度我慢してもらい、年金制度の支え手に回ってもらいましょう(これからの日本を支える世代まで年金制度が続くよう、年金額を削れるところから削りますので、高齢者も協力してください) 自らの厚生年金額が減らされる立場になった60歳以上の働く人達からは、次のような本音が聞かれます。 1. 自分がこれまで支払った保険料に応じて受け取れる厚生年金を、なぜ勝手に減額するの? 2. 働いて厚生年金が減らされるなら働かないほうがましだ。 個人の立場で言えば、納得いかないという率直な気持ちが理解できますが、視野を広げて制度全体のことを考えると、子や孫の世代まで年金制度を継続し続けることは非常に大事なことだと考えます。 在職老齢年金制度は、60歳代前半と60歳代後半と年齢により2つに分けられています。 ・60歳台前半は、賃金(給料と直前1年間に受けたボーナスの12分の1)と厚生年金額の合計額が月に28万円を上回る場合は、賃金2に対し、年金を1停止する。 平成26年度末で減額されている厚生年金の被保険者は100万人弱いまして、減額されている金額は約7,000億円です。 ・60歳代後半は賃金(給料と直前1年間に受けたボーナスの12分の1)と厚生年金(老齢基礎年金は入れません)の合計額が現役世代の平均月収相当46万円を上回る場合は、賃金2に対し、年金を1停止する。 対象者は30万人弱で減額されている金額は約3,000億円です。 この在職老齢年金制度により、節約できている年金額は1兆円にも昇ります。 一方で、支払われる厚生年金だけでは生活できないし、まだ元気なのでといった理由で働いている雇用者は年々増加しています。 60歳台後半になると、人口1000万人の内雇用者300万人で厚生年金加入者が150万人で47%となります。 社会保障審議会・年金部会で、現行の在職老齢年金制度が、高齢者への就業抑制効果があるのか無いのか論議されました。 方向性としては、高齢者にも支え手としてできる限り働いてもらいたいが、60歳代前半のこの制度は抑制効果として足かせとなっている。 60歳代後半の制度で減額される人は、比較的恵まれた方が多いので、それを撤廃することは、所得再配分機能からすると撤廃の必要性があるのか等様々な意見が出ているようです。 まだ、結論は出ていませんが、60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金を受給できる世代は、男性であれば昭和36年4月1日までに生まれた方で終わってしまいます。 ですから、今後は60歳代後半の在職老齢年金をどうするかの議論となるようです。

次の

2020年1月6日 在職老齢年金改定で得する人は? : 税理士法人タカノ・高野伊久男公認会計士事務所 | 横浜・税理士

在職 老齢 年金 制度 と は

働いて一定の収入がある高齢者の厚生年金を減らす「在職老齢年金制度」について、与党と厚生労働省は65歳以上の減額基準を「月収47万円超」のまま据え置き、60~64歳は「28万円超」から「47万円超」へ引き上げる方向で最終調整に入った。 厚労省は対象者を減らすため一律51万円超とする方向で調整していたが、高所得者優遇との批判を免れないと判断した。 在職老齢年金制度は、給与と年金の合計額が60~64歳は月28万円超、65歳以上は月47万円超の場合、超えた分の半額を厚生年金から差し引くなどする仕組み。 安倍政権は、少子高齢化で人手不足が課題となる中で「高齢者の就労意欲を損ねている」として、見直す方針を示している。 厚労省は当初、減額基準を一律で62万円超へ上げる案を検討したが、高所得層への年金支給を増やして将来世代の年金水準が下がることに与野党から批判が出て、51万円超に修正。 減額対象から外れるのは中間所得層と説明したが、それでも公明党の理解は得られず、自民党も60~64歳だけ47万円超に上げる方向に傾いた。 この見直しで、60~64歳の減額対象は約67万人(在職受給権者の約55%)から約21万人(同約17%)に減り、年金の支給総額は年約3千億円増える。 内閣府の調査では、在職老齢年金制度で就労を抑える傾向がみられたのは60~64歳だけで、65歳以上の就労抑制につながっている根拠がなかったことも影響した。 ただ、厚生年金の受給開始年齢の段階的な引き上げに伴い、男性は2025年度、女性は30年度から60~64歳の対象者がいなくなるため、就労促進の効果は限られそうだ。 (山本恭介).

次の

在職老齢年金制度の改正で60歳以降働いても年金は減額されないようになる?|@DIME アットダイム

在職 老齢 年金 制度 と は

・老齢基礎年金の受給資格期間 原則として10年以上 があり、 厚生年金保険加入期間が1年以上。 ・年金の基本月額と賃金の総報酬月額相当額の合計額が 28万円を超えると一定の計算式に基づいた金額が本来の年金から減額されます。 65歳の老齢厚生年金が受け取れるようになるまで。 定年後 在職老齢年金 初回申請の手続きは? 手続き事務所は在職中の事業所を管轄する年金事務所・年金相談センター、 スポンサーリンク もしくは最寄りの年金事務所でできます。 初回申請に必要な書類は次のものです。 2、さらに高年齢雇用継続給付を受けられるときは、 在職老齢年金が一部停止されます。 詳細な内容が分かりやすく書いていありますので、ぜひご確認K まとめ こんな人は、もらえますから、しっかり内容を把握しておいてください。 1、定年以降も企業に勤めて、何らかの仕事をして収入を得たいと思っている。 2、定年退職時に雇用保険に加入していた。 3、申請や書類作成を面倒くさがらずに、場合によっては自分で手続きする気がある。 4、社会保険の仕組みを積極的に知ろうという学ぶ姿勢がある。

次の