天然 パーマ 薄毛。 軟毛【天パ/天然パーマ】男の髪型セット厳選【20選】天然パーマを活かす髪型にするには? | 軟毛メンズ髪型|25歳以上の出来る男の大人ヘアスタイル!

天然パーマを治すには

天然 パーマ 薄毛

Contents• 天然パーマは薄毛になる可能性を持っているのか 天然パーマとは髪に癖がある状態で、日本人でも珍しいわけではありません。 人によって強弱がありますが、違いとなるのは毛穴の向きや形です。 髪自体に何か違いがあるわけではないため、直毛の人と変わりはないと言い切っても良いでしょう。 結論から言えば 天然パーマだからといって薄毛になりやすいかといえば、 そんなことは全くありません。 噂でも色々言われていますが迷信の類と言えるのです。 ただし、どんな人でも問題がないかといえば、少々違いがあります。 あくまでも先天性で生まれ持ってきた人は何ら問題がないということです。 後から天然パーマになった人は、なぜそうなったのかという原因が重要な意味を持ちます。 後天性と言えますが、髪の状態が変化して天然パーマになったのであれば、薄毛につながる可能性を秘めているのです。 これは大きな違いと言えます。 後天性の天然パーマの原因とは 後天性の天然パーマの場合、髪の状態が変化したわけに着目しなければいけません。 なぜ髪の状態が変化してきたのか、そこに問題点が隠れているからです。 基本となる原因としては、 栄養不足が挙げられます 髪の栄養が不足し、正常な状態で作り出せなくなり、うねりが出てくるような状態です。 栄養不足にも色々な問題がありますが、食生活に起因するのは分かりやすい所でしょう。 他にも 睡眠不足や ホルモンバランスの崩れなどが考えられます。 特にホルモンバランスに関しては、様々な要因が出てくるため、多くの面で改善が必要となる可能性もあるのです。 ストレスや運動不足も壁に影響を与えています ストレスがかかると血管は収縮し、血液の流れが悪くなります。 人間の体はストレスによる影響で命以上をしようと働いていくため、関係性の薄い髪などには血液を送りにくくしていくからです。 運動不足も血行の悪化に関係してきます 普段から定期的な運動をしていればそこまでの問題はありませんが、筋肉量が落ちると血液を押し流しにくくなるからです。 ストレスを溜めやすい状態を作り出してしまうのも 運動不足の問題で、何もいいことはありません。 適度な運動をするのが薄毛に対する対策ともなりますが、天然パーマを生み出してしまう原因となるのも覚えておく必要があるでしょう。 後天性天然パーマの原因としては本当に多くの問題が隠れています。 体に変化が出てきていることを知らせてくれているのですから、これらを少しずつ改善して健康な生活を取り戻す必要があるのです。 後天性の天然パーマと薄毛の関係 天然パーマの影響によって薄毛になることはありません。 しかし、 後天的に天然パーマになってしまった人は、薄毛になりやすい原因を抱えていると言えるでしょう。 これを改善していけば、天然パーマの状態も元に戻しながら薄毛対策もできるようになるのです。 栄養素の問題により天然パーマになってきてしまった人は、 食生活から見直していく必要があります。 細く力のない髪が天然パーマのような状態につながりますので、太くてしっかりとした状態になるように改善していかなければいけません。 髪に必要な栄養素は色々とありますが、タンパク質やビタミン、ミネラルといった成分は欠かすことができないのです。 その上で脂質はできるだけ抑え、バランスが良い食事ができるように心がけていく必要があります。 睡眠もとても大事な条件です。 生活のリズムを整えるためには、睡眠時間をうまくコントロールしなければいけません。 自律神経との兼ね合いがとても重要で、交感神経が優位にたちに興奮状態に陥ると睡眠がうまく取れなくなります。 交感神経が優位に立つような条件のひとつとしてストレスが挙げられるのです。 ストレスが強くかかっているような状態になると、睡眠もうまく取れなくなるという悪循環が生まれます。 ストレスを発散して気分の良い日はゆっくりと休めるというのは、ここに関わっていると言ってもいいでしょう。 髪には欠かせない良質な睡眠 良質な睡眠も大切です 髪の成長に関わる睡眠は、うまく撮れていなければヘアサイクルにも影響が出てしまいます。 ヘアサイクルに影響が出れば薄毛になるのは当然ですが、細くてハリのない髪が出来上がる条件ともなってくるのです。 睡眠と髪の関係は色々と研究されてきましたが、成長ホルモンが影響しているのは間違いありません。 髪が成長していくためにも 成長ホルモンを必要としており、うまく分泌されなければ回って回ってこないのです。 髪以外の場所でも成長ホルモンは必要であり使われていきます。 できるだけ多く分泌されるようにするためには、良質な睡眠をとらなければいけません。 良質な睡眠をとる 時間帯も大切です 夜8時から明け方の2時あたりまでの時間がゴールデンタイムと呼ばれています。 お肌のためには欠かせない時間とも言えますが、そこには成長ホルモンの分泌が関わっているからです。 つまり、髪にも大切な時間となるため、この時間には睡眠を取っておく必要があります。 睡眠の長さから見ても7時間から8時間は睡眠がとれるように生活リズムをコントロールしていかなければいけません。 運動不足の解消とともに水分の補給も 運動不足の改善も狙っていく必要があります。 運動不足によって血行が悪化するのは間違いない事実だからです。 20分程度のウォーキングでも十分に効果を発揮しますし、軽く動かすだけでストレス発散にもつながります。 冷え性改善にも役立ちますが、気を付けなければいけないのは同時に水分摂取を心がけることです。 運動中に水分が不足すると血液がドロドロになってしまいます。 血液の流れが悪くなるのはよく知られていますが、運動中に起きるのは水分不足が起因する状態です。 以前は運動をしながら水分をとるのはタブーとされていましたが、現在は体をクールダウンさせるためにも大切なものとして考えられています。 運動をしてストレス発散もしようというのに体にダメージを与えるようなやり方をしては意味がありませんので、水分をしっかりと摂取して臨みましょう。 縮毛矯正は薄毛になるのか 天然パーマの人は 縮毛矯正などを考える場合もよくあります。 これが 薄毛の原因になるのは間違いありません。 パーマなどをかけると、頭皮にはそれだけの負担をかけることになるからです。 髪を引っ張りながら薬剤をかけていくことになりますし、熱もかかります。 かなり強い薬剤が頭皮につけばダメージを与えるのは間違いのない事実です。 特に自分でストレートパーマなどをかけると、どこに薬剤がついているのかはっきりしない場合が出てくるでしょう。 この時に頭皮に薬剤がつけば、炎症を起こしダメージを残すのは必然です。 できることであれば、パーマや縮毛矯正をしない方が、将来の薄毛には繋がりません。 しかし、どうしても気になる人も出てきます。 これがストレスになってしまうぐらいであれば、縮毛矯正などをする方がメリットがあるのは確かです。 その際にはプロの手による施術で進めることを忘れずにおくと良いでしょう。 素人でパーマをかけるのが何よりも危険です。 まとめ 天然パーマだからといって薄毛になるわけではありません。 しかし、天然パーマに変わって行ってしまったのであればどこかに原因があります。 その原因を取り除くことが大切ですので、何が違いとして出てきたのかよく確認してみる必要があるでしょう。

次の

天然パーマの女性は薄毛になりやすい?先天性と後天性の違い

天然 パーマ 薄毛

2016. 28 コラム タカシ くせ毛や天然パーマは薄毛(ハゲ)になりやすい? どうもタカシです。 僕は生まれた時はストレートヘアでした。 しかし、小学校に入学してくらいから何故か思いっきり天パになりました。 前髪が揃ったことなど、生まれてこの方一度もありません。 雨の日はクルクルがひどくて死にたくなります・・・。 暗い話は置いといて話を進めます。 薄毛に関しては、様々な都市伝説がありますが、その中でもくせ毛、天然パーマの人は薄毛になる確率が高いということは、よく耳にします。 そしてその逆で、くせ毛や天然パーマの人は、ハゲにくいという人もいます。 実際のところ、くせ毛や天然パーマと薄毛は関係あるのでしょうか? 今回は、くせ毛や天然パーマと薄毛の関係を紹介していきます。 天然パーマ(くせ毛)になる理由 先ずは天然パーマ(くせ毛)になる理由を書いていきます。 天然パーマは、強烈なくせ毛のことで、髪がくねっている状態のことです。 天然パーマには、先天性(生まれつき)のものと、後天性のものがあります。 先天性の天然パーマになる理由1. 毛穴の曲がり 先天性の天然パーマの理由として、 「毛穴の曲がり」が挙げられます。 ストレートヘアの人は毛穴が真っ直ぐになっています。 そのため髪の毛も真っ直ぐ伸びるのです。 天然パーマの人は毛穴が曲がっています。 その為髪の毛も曲がってしまうのです。 先天性の天然パーマになる理由2. 髪の性質 先天性の天然パーマになるもう一つの理由に、 「髪の性質」が挙げられます。 髪の主成分はたんぱく質ですが、このたんぱく質の性質によってくせ毛になる可能性があります。 約7割が生まれつきの天然パーマです。 後天性の天然パーマの原因は、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れ、加齢やストレスです。 日常生活の改善で修復が可能です。 薄毛(はげ)になる原因 次に薄毛になる原因を書いていきます。 薄毛になる原因は、 「男性ホルモン」が関係します。 薄毛になるかどうかは、男性ホルモンなどの耐性などによって変わってきます。 男性ホルモンに対しての耐性が強い性質を持っていたら、くせ毛や天然パーマ、直毛などでも薄毛になることは少ないです。 つまり、 くせ毛や天然パーマが薄毛の直接的原因になるとは限らないのです! それでもくせ毛や天然パーマが薄毛になる理由 ついさっき、薄毛になるのは男性ホルモンが関係しているので、くせ毛や天然パーマは関係ないと言いました。 しかし、これ以外にも。 くせ毛や天然パーマが薄毛になってしまう本当の原因があります。 くせ毛や天然パーマは薄毛(ハゲ)になりやすい理由1. 整髪料 それは 「整髪料」です。 まずくせ毛や天然パーマの人は、髪の毛のセットもやりにくく、整髪料やスプレーなどをよく使う人が多いです。 ですので、これらの整髪料の汚れが頭皮に溜まって、頭皮の状態が良くなくなり、薄毛につながっていきます。 癖が強い分、セットに時間が掛かったりして、手汗や手の垢などの汚れも溜まりやすいですし、整髪料の量も多くなっていきがちです。 これが、くせ毛や天然パーマの人が薄毛(ハゲ)になりやすい理由の一つ目です。 くせ毛や天然パーマは薄毛(ハゲ)になりやすい理由2. 縮毛矯正 そしてもう1つ要因があります。 それは 「縮毛矯正」です。 天然パーマの人は、ストレートパーマや、縮毛矯正などをよく受ける人も多いので、このようなパーマ液などの毒素を、多く頭皮に浸透させていってしまっているのも原因の1つになります。 くせ毛や天然パーマは薄毛には直接関係ないですが、その後の髪の毛との接し方によっては薄毛になってしまうこともあります。 薄毛が気になる人は、整髪料や縮毛矯正など髪に負担のかかることはせず、ありのままの自分でいきましょう。 それでもくせ毛や天然パーマで薄毛(ハゲ)が気になる人は、育毛シャンプーや育毛サプリで対策しよう! とは言っても、くせ毛や天然パーマで薄毛(ハゲ)が気になってしまいますよね。 そんな時は先ず、育毛シャンプーや育毛サプリで対策しましょう! 育毛シャンプーを使うことで、薄毛(ハゲ)の原因である頭皮環境の悪さを改善することができます。 さらに育毛サプリを飲むことで、副作用なく安全に髪の成長に必要な栄養素を補うことができます。 薄毛(ハゲ)が深刻な場合は育毛剤や、AGAクリニックに行き治療薬をもらう方法もありますが、気になる程度であれば先ずは育毛シャンプーや育毛サプリで対策を行いましょう。 僕もそうでしたが、何もしないでいると薄毛(ハゲ)は一気に加速します。 そうならないためにも、早めに薄毛(ハゲ)対策をしていきましょう!.

次の

「天然パーマ」と「パーマ」の見分け方|コツを美容師が教えます

天然 パーマ 薄毛

パーマとハゲの関係 パーマをかけると薄毛になる、ハゲになるというのは有名な話ですが、これが本当かどうかと聞かれれば本当というのが正しいです。 しかし厳密に言えば薄毛やハゲになる可能性があるという言い方になります。 そもそもパーマがどのように髪の毛に作用しているかご存知ですか。 詳しくは後ほど説明しますが、簡単に言うと髪の毛の中の結合部分を1度切り離して理想の形に繋ぎ合わせるのがパーマになります。 髪の毛を切り貼りするわけですから、その際のダメージが髪の毛にとって良くない事は簡単に想像できますよね。 パーマを何度もかければその分のダメージが髪の毛に蓄積されて、髪の毛が細く短くなっていき薄毛になってしまうわけです。 パーマの仕組み それではここからより詳しくパーマの仕組みについてご説明します。 パーマをかける時は専用のパーマ剤を使用しますが、基本的にこれは1剤と2剤に分かれています。 これは1剤で髪の毛の内部の結合部分を切り離し、2剤で再結合させるためです。 それぞれ役割が違う事を覚えておいてください。 髪の毛にはシスチンというアミノ酸が多く、このシスチンの結合を切り離して再結合する事がパーマの役割になります。 パーマの種類 さて、パーマは髪の毛の結合部分をいじっているわけですから、髪の毛へのダメージは間違いなく存在します。 実はパーマにはいくつも種類があるため、中には薄毛になりにくいパーマもあるのではと勘違いしている人もいます。 しかしパーマである以上は絶対に髪の毛にはダメージが蓄積されますので、これからパーマを考えている人は髪へのダメージを減らす事よりも、しっかりと自分のしたいヘアスタイルにあったパーマをするようにしましょう。 コールドパーマ コールドパーマとはその名の通り、熱を使用しないパーマの事です。 一般的に美容室などでパーマと言えばこちらのコールドパーマを指す事になります。 髪が濡れている時と乾いている時でウェーブのかかり具合が変わります。 濡れている時は強く、乾いている時は緩やかになりますので、ヘアスタイルもその日の気分で変えやすいパーマの1つです。 パーマをかけた後のヘアスタイルのアレンジがやりやすいので、初心者にお勧めのパーマになっています。 パーマの持続時間は3ヶ月程度です。 ピンパーマ ピンパーマはコールドパーマの1つで、細かいカールが特徴的なパーマになります。 髪の毛を巻く際にロッドという道具を使用するのが一般的ですが、ピンパーマでは指に巻きつけてからピンで留める事ででより細かいカールを作り出します。 指に巻ける程度の髪の長さがあれば良いので、比較的髪が短い人がパーマをかけたい時はこちらがお勧めになります。 ツイストパーマ ツイストパーマもコールドパーマの1つで、ピンパーマよりもさらに細かいカールをかけるパーマになります。 ツイストという名前の通り、髪の毛をねじってパーマを作るため、ねじる程度の髪の長さがあれば誰でもできます。 全体的に髪の毛が短い、そしてその上で髪にボリュームを持たせたい人にお勧めのパーマになります。 スパイラルパーマ スパイラルパーマもコールドパーマの1つで、こちらは長めのロッドを使ったパーマになります。 ロッドの角度や太さによって髪形を変える事ができるので、緩いウェーブをかけたりアフロのような髪型にする事もできます。 ピンやツイストとは一線を画して髪の毛が長くないとできないパーマですが、その分パーマをかけた後のボリュームも段違いになっていますよ。 デジタルパーマ デジタルパーマは熱を利用してカールを作り出すパーマです。 コールドパーマとは根本的にやり口が違う事になります。 ヘアアイロンを使って髪形を記憶させるパーマで、乾いている時はウェーブ、濡れている時はパーマが伸びる特徴があります。 熱を利用している分パーマの持ちがコールドパーマよりも長く、半年近くは持つと言われています。 ただし毛量が多い方、毛質が硬い方、ある程度髪の長さがある方といった条件があるため、デジタルパーマができるかどうかは1度美容師に相談するようにしましょう。 エアウェーブ エアウェーブはデジタルパーマの1つで、低温の熱で水分量を調節しカールを記憶させるパーマです。 デジタルパーマよりも低温なためカールのかかり具合が弱くなりますが、その分根元までパーマをかける事ができるようになっています。 濡れた状態と乾いた状態とでパーマに違いが出ない事もあってヘアアレンジはしやすいパーマになります。 持続時間もデジタルパーマより少し短く5ヶ月程度と言われています。 クリープパーマ クリープパーマは髪の毛をしっかりと変化させるためのパーマになります。 道具はこれまでのパーマと変わりませんが、パーマをかける時の時間が変わります。 パーマをかける際に1剤と2剤の間に放置時間を長く置いて、よりしっかりと1剤の効果を出すようにするのがクリープパーマです。 パーマをかける際の時間がかなり長くなりますが、その分パーマの持ちも良く、よりふんわりとしたウェーブを作る事ができますよ。 ストレートパーマ ストレートパーマは髪の毛をストレートにするためのパーマです。 パーマをかけてウェーブやカールを作ったけど、今度はまたストレートの髪形にしたいと言う時にかけるパーマになります。 こちらは根元からパーマをかける事で、綺麗なストレートに仕上げる事ができます。 根元をストレートにして、毛先はカールといったかけ方もできるので、是非美容師さんに相談してみましょう。 縮毛矯正 縮毛矯正は癖のある毛を直毛に直す為のパーマです。 他のパーマとは違ってこれは本当の意味で半永久的に直毛にするためのパーマです。 パーマと言うとカールやウェーブのイメージが強いですが、元々癖のある毛を持つ人が真っすぐにしたい時に使うパーマも存在しているのです。 天然パーマなど、生まれつき癖のある毛がある人は縮毛矯正を使ってストレートにし、それ以外の方はストレートパーマでストレートにしましょう。 これを間違えると折角パーマをかけたのにすぐに戻ったというミスが起こりますよ。 パーマが薄毛を加速させると言われる理由 パーマ1剤が髪の毛の内部の結合部分を切り離しているため、そのダメージが蓄積されて薄毛になりやすいという話をしてきましたね。 実はもう1つ理由があって、それはキューティクルを開くためです。 髪の毛の内部を切り貼りするわけですから、当然ですがその前に外側を守っているキューティクルを開けなくてはなりません。 キューティクルは髪の毛のハリやツヤを守るための門番ですから、これをこじ開けると栄養などが外に漏れだしやすくなり、髪の毛が細くなります。 またパーマ剤にはチオグリコール酸、臭素酸ナトリウムが含まれています。 これらは毒性があり、アレルギー反応によって炎症を起こす事も考えられます。 頭皮が荒れればその分髪の毛に栄養が行き渡りにくくなり、こちらも髪の毛の健康を害する事になるので薄毛やハゲの原因になり得ます。 薄毛隠しにパーマをかけるのは危険? 薄毛を隠すためにパーマをかけてボリュームアップを考えている人も多いと思います。 実際にパーマをかける事で薄毛を隠す事はできますが、それ以上に髪の毛へのダメージの方が大きい、つまりリスクが高いと言うのが一般的な答えになります。 しかしそれでもパーマをかけたい、パーマを活かしたヘアスタイルにしたいと言う方もいると思いますので、薄毛の方がパーマをかける時の注意点をいくつかまとめました。 パーマをかけるタイミング 1番気を付けるポイントはやはりパーマをかけるタイミングです。 大抵の人はパーマの効果が切れてきたと感じたらパーマをかけ直していると思いますが、これはパーマのかかり具合によって変わってくるためあまりお勧めしません。 必ず1回パーマをかけてからの日数、期間で次のパーマをかけるタイミングを決めるようにしましょう。 最低でも3ヶ月半は間を空けるようにする事が推奨されています。 これはもちろん髪の毛へのダメージが蓄積されにくい期間という事になるので、これより早い間隔でパーマをかけていれば、その分薄毛になりやすくなりますよ。 パーマをかけると薄毛が目立つ? パーマをかけてボリュームを作ったり、薄毛の部分を隠したりする人が多いと思います。 もちろん薄毛の度合いやパーマのかかり具合によって良し悪しは分かれますが、多くの方は逆に薄毛が目立つ状態になっています。 というのもパーマをかけるとなると、ある程度の髪の毛の長さを作っていると思います。 しかし薄毛が目立つ原因は他の部分との髪の毛の量の差がメインです。 髪の毛が長く多い部分と少なく短い部分の差が大きければ大きい程薄毛が目立つようになるので、髪の毛を伸ばしてからかけるパーマは薄毛が目立ちやすい髪形なのです。 なので薄毛を目立たなくさせる時は逆に思い切ってショートカットにする事をお勧めします。 ショートカットにすると地肌の見える部分が増えて、局所的に薄毛の部分があったとしても気づかれにくいですよ。 パーマと薄毛は関係があるのか もうすでにパーマをかける事は髪の毛に大きなダメージを与えると話してきましたが、本当に薄毛に繋がるのかどうかまだ疑っている方もいるかと思います。 そこでここからはパーマをかけた事でハゲた説とハゲていない説をそれぞれ検証して、本当にパーマと薄毛は関係があるのか検証していきます。 パーマで「ハゲた」説 パーマでハゲたという説はいくつかあります。 中には美容室でパーマをかけたら、髪の毛が一気に少なくなってハゲたと言う人もいます。 実際パーマをかけると抜け毛の可能性は高まります。 パーマで利用する1剤は髪の毛のキューティクルを開いて結合を切り離しているため、どうしても元の髪の毛よりも細くなってしまいます。 そのため、ちょっと櫛で刺激を与えただけでも抜けたり切れたりしてしまいます。 パーマをかけた後に抜け毛が増えたと感じるのはこれが原因です。 なのでパーマの後にハゲたと言う人は、パーマ後の処理が疎かだったケースが大半です。 パーマ後の処理次第では確かにハゲてしまうのも事実なのです。 パーマをかけても「ハゲない」説 しかし、パーマをかけてハゲる原因がアフターケアの仕方にあるという事は、そこさえ気を付けていればハゲないわけです。 考えればすぐに分かる事ですが、パーマをかけた事が直接の原因でハゲるなら、日本人のハゲの割合は今よりずっと多くなります。 むしろハゲる事が確定だとしたら、パーマ自体がもっと規制されて廃れていてもおかしくありません。 パーマと薄毛の関係の結論 結論はこの記事の1番初めにも説明したように、パーマは薄毛の原因になり得るという事になります。 あくまでも必ず薄毛になるわけではなく、正しくパーマをかけなかった時に薄毛になると言うわけです。 パーマ自体にはハゲにする力はありませんが、ハゲに繋がる要素の1つではある事を覚えておきましょう。

次の