傷病手当 うつ病 書き方。 休職と傷病手当金

傷病手当金の手続きをカンタン解説!書類の書き方~申請方法まで

傷病手当 うつ病 書き方

国民健康保険の加入者(自営業の人など)• 家族等の扶養に入っている人 となります。 会社員などの社会保険加入者は、社会保険料が折半になる上、傷病手当金等の制度もあるため、自営業の方に比べ、保障が手厚くなっています。 (国民健康保険に、傷病手当金という制度はありませんので) 業務外での病気やケガで、仕事を休んでいること 仕事中の事故や仕事が原因の病気で、仕事を休んでいる場合は、傷病手当金の支給対象となりません。 ただ、その代わりに、傷病手当金よりも給付額の多い「労災保険による休業補償」があります。 【関連記事】 仕事に就くことができないこと(働くことができないこと) 「働くことができない」かどうかの判断は、医師が行います。 なので、「あー、これは働けないな~」という自己判断で仕事を休んだ場合は、傷病手当金は支給されません。 ですので、病院などを受診し、 「その病気やケガが原因で働くことができない(労務不能)という診断」 を医師にしてもらう必要があります。 連続して3日間以上働くことができなかったこと 傷病手当金は、休み始めてから「4日目以降」について支給されます。 最初の3日間(連続であること)は、待機期間と呼ばれ、傷病手当金の支給はありません。 出典: 3日間の待機期間は、有給休暇を使っても問題ありません。 (待機が完成します) なお、社会保険の被保険者期間は支給条件に入っていないため、入職してすぐに病気やケガで働けなくなった場合でも「傷病手当金」は支給されます。 つまり、 「入職日の朝に自宅で転倒して労務不能となった場合は、傷病手当金が支給される」 ってことです。 使い方は、次のとおりです。 「傷病手当金支給日額」と「傷病手当金の支給日数」を掛ける• 計算結果が、「傷病手当金の支給合計額」となります。 傷病手当金を自動計算する「エクセルファイル(無料)」 「もっと、詳細に傷病手当金の支給額を計算したい!」 という人は、こちらのエクセルファイルを使ってみてください。 仕事を休んだ日数• 月額給与(交通費を含む総支給額) を入力するだけです。 あとは、自動で「傷病手当金」の 2019年4月1日現在の法令で作成しています。 傷病手当金の支給期間 同一の病気やケガで支給される期間は、 支給開始から最大で1年6ヶ月です。 注意する点としては、 「1年6ヶ月分の傷病手当金が支給されるということではない」 というところです。 こんな感じに。 出典: あくまで、「支給開始から1年6ヶ月間の期間」ということで、「何ヶ月間分の傷病手当金の支給を受けたか」は関係ありません。 ちなみに、次の2つの条件をいずれも満たすことで、 会社などを退職した後も「傷病手当金」の給付を継続できます。 つまり、仕事を辞めた後も給付されるってことです。 (資格喪失後の継続給付)• 被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに 継続して1年以上の被保険者期間(健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。 なお、退職日に出勤したときは、継続給付を受ける条件を満たさないために資格喪失後(退職日の翌日)以降の傷病手当金はお支払いできません。 出典: 給与支給が無い場合は、雇用保険料と所得税は0円となります。 なので、場合によっては、給与が「マイナス」ってこともありえます。 もしものことを考え、支払方法については、職場の担当者に確認しておきましょう。 【関連記事】 傷病手当金の申請手続き 傷病手当金の申請書類 傷病手当金の申請手続きは、 「健康保険傷病手当金支給申請書」 にて行います。 こんな様式です。 出典: 傷病手当金の申請手続きは、事業主を通じて行う 傷病手当金支給申請書には「事業主が証明するところ」があるため、申請手続きは事業主を通じて行われることがほとんどです。 ですので、職場の担当者に相談すれば、• 提出書類(添付書類)• 申請書の書き方• 事業主の証明 など、すべて案内してくれるはずです。 「労務不能」の診断には、お金がかかる(300円程度) 「健康保険傷病手当金支給申請書」の4枚目に、医師に記載してもらう項目があります。 こんな感じです。 出典: この書類の記載は、保険適用となっているため、3割負担で「約300円」のお金がかかることになります。 (自費の診断書と違い、安く済みます) 診療報酬:傷病手当金意見書交付料 100点(平成30年4月1日現在) どんな病気(ケガ)が対象になるのか 傷病手当金の支給条件を満たせば、原則、すべての病気(ケガ)が対象となります。 記憶の範囲ですが、僕が手続きさせてもらった「傷病名」をいくつか紹介します。 うつ病• 自律神経障害• 適応障害• 関節の炎症(膝や手首)• 半月板損傷• 流行性結膜炎• 腱鞘炎• 脊髄損傷• つわり• 妊娠悪阻• 切迫流産• 切迫早産• 腰椎椎間板ヘルニア きりがないんで、このへんで・・・ 【関連記事】 傷病手当金は、事業主へ申請書を提出してから「1~2か月」で支給される 全国健康保険協会の資料では、傷病手当金が支払われるまでの期間について、次のように案内しています。 よくあるご質問 Q:支払いまで何日かかりますか? A:協会けんぽでは、給付金のお支払いまでの所要期間を受付から10営業日と定め、迅速なお支払いに努めています。 (高額療養費および療養費は除きます) 記入漏れや口座の記入誤り等の不備があると、お支払いまでお時間を要しますので、申請書ご提出の際は、記入漏れ等がないかご確認の上、ご提出いただきますようお願いします。 出典:全国健康保険協会愛知支部「協会けんぽまるわかりガイド」 「受付から10営業日」ということなので、約2週間で入金されることになります。 ただ、先ほど説明したとおり、傷病手当金の申請は、一般的に事業主を通じて行われますので、• 事業主による書類(申請書)の作成• 健康保険協会への申請書の提出 などの期間を考慮して、 「支給まで、早くても1ヶ月」と考えておいた方がいいと思います。 ちなみに、うちの場合は、次のような流れで「傷病手当金の支給申請」を行うため、 「申請書をいただいてから、1~2か月で支給されます」 と職員さんに案内しています。 【傷病手当金支給申請の流れ】• 傷病手当金を申請する職員が、申請書を作成し、事業所の担当者へ提出• 事業所の担当者が申請書の作成・確認をして、社会保険労務士へ送付• 社会保険労務士から健康保険協会へ申請書を提出 まとめ ここで、 「傷病手当金の支給申請をするときのポイント」についてまとめておきます。 仕事を休んだ理由が、業務外での病気やケガであること• 医師から「労務不能」という診断を受けること• 待機(連続する3日間)が完成しないと、傷病手当金は支給されない• 有給休暇を使った日は、傷病手当金は支給されない• 傷病手当金は、「月額給与」と「仕事を休んだ日数」から計算される• 傷病手当金の支給期間は、支給開始から最大で1年6ヶ月• 病気やケガで仕事を休んでいる期間も、社会保険料等は徴収される• 傷病手当金の申請手続きは、まず、職場の担当者に相談すること• 「労務不能」の診断料は、保険適用で安い• 傷病手当金は、すべての病気(ケガ)が対象• 傷病手当金は、申請から「1~2か月」で支給される 傷病手当金を含め、社会保険加入者って保障が手厚くなっています。 ただ、知らないと使えない制度も多いので、 「こんな制度あったよな~」 ぐらいには、理解しておくことをオススメします。 せっかく社会保険料を払っているのに、制度を利用しないのはもったいないので。 ちなみに、国民健康保険加入者になく、社会保険加入者が使える主な制度は次のとおりです。

次の

傷病手当金は2回目以降も支給される?申請書の書き方や待機期間も解説

傷病手当 うつ病 書き方

うつ病で傷病手当金を受給するための受給要件 傷病手当金を給付されるには、以下の4つの事項を満たしている必要があります。 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること• 仕事に就くことができないこと• 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと• 休業した期間について給与の支払いがないこと 注意点としては、業務によってうつ病を発症した場合は、労災の対象となる事です。 例えば、明らかな過重労働やパワハラがある場合は、傷病手当金ではなく、労災の申請を検討する必要があります。 うつ病の発症が労災と認められるには、それなりの証拠がいるので、パワハラやセクハラを受けているのであれば、録画や録音、メモ書きなどを残すようにしましょう。 うつ病は「心の風邪」などと言われる事があるので、軽視する人が多いですが、何年も何十年もうつ病で苦しんでいる人はたくさんいます。 傷病手当金の場合は、期限が1年6か月と限られていますが、労災であれば完治するまで保証してくれます。 うつ病は寛解するのがとても大変な病気なので、業務に起因するうつ病の場合は臆せず労災を検討しましょう。 うつ病で傷病手当金を受給するステップ 社会保険に加入していると、病気で休んだ4日目から傷病手当金が給付されます。 もちろん自動的に受け取ることはできないので、診察を受け、うつ病と診断され、その診断書を会社に提出しなければならないのです。 傷病手当金を申請するには、健康保険組合から申請書を取り寄せ、自分で記入するものと医師の証明書、その疾病の治療のために労務に就くことができない旨が示してあるものが要ります。 そして、事業主からの証明書は会社を欠勤しているという証明と欠勤期間の給与支払いがないことが条件となりますのでご注意下さい。 その書類が揃ったら事業主が健保組合に提出し、給付を待つことになります。 傷病手当金の金額は、給料の日額3分の2ほどです。 期間は最長1年半で、基本的に毎月申請する方が審査が下りやすいようですが、3か月まとめて書くこともできます。 申請書の書き方は記入例にそって漏れのないようきちんと書いてください。 添付書類として申請期間前の1カ月分の出勤簿またはタイムカード、申請期間分の賃金台帳またはタイムカードなどが必要となる事もあります。 傷病手当金は二回目の受給も出来る? また、傷病手当金をもらい終えた後二回目の休職で受給できるかということも気になりますね。 うつ病は再発しやすい病気なので、傷病手当金を受給後、復職をした後に再度再発するケースが多々あります。 しかし残念ながら、基本的に同じ疾病で傷病手当金は受給できないと思って下さい。 例えば一度目が胃潰瘍の手術で二回目がうつ病なら可能です。 でもこれは1年半満額受給した例で、もし最初の受給が1年半に満たない場合は、同じ疾病でも残りの期間は受給できます。 つまり、うつ病で傷病手当金を受給出来るのは、合計で最長1年6か月となります。 特例として同じ疾病でも受給できる場合もありますが、それは社会的治癒と呼ばれるその疾病の治療を受けていない状態で就労もできていること、つまり、健康だったが、働いているうちに病気になったとみなされる場合なのです。 会社に復職してから、何年も通院や服薬もなく通常勤務をこなした後に、再発した場合は再度受給出来る可能性があります。 その審査については健保の判断ですので下りるかどうかはわかりませんね。 うつ病など、再発しやすい疾病はよほど気をつけていても何度も休職しがちです。 こまめに3か月単位で4回取るか、しっかりまとめて1年半取るかはその人次第とも言えるでしょう。 うつ病を治すには時間がかかります うつ病を治すには時間の力が大事です。 焦りや不安はうつ病につきものですが、治療薬とともにリハビリの力も大きく寛解させるためには大きく関係しているようです。 私も1年6か月間うつ病で傷病手当金を受給しましたが、その間の生活費を保証してくれたので、本当に助かりました。 また、傷病手当金は健康保険組合から脱退した後や、退職した後でも傷病手当金は受給出来るので申請する事を忘れないようにして下さい。 うつ病になったからと安易に退職するのはおすすめできませんが、一度仕事の事を完全に忘れて治療に専念するのも一つの方法です。 休養しながら生活の心配をしなくて良いのはありがたい事です。 会社が辛くてたまらにという人にとっても、傷病手当金を受けている間に進退を決めるという選択もできるのです。 働いていると様々な場面で岐路にぶつかります。 うつ病にかかってしまうと大きな決断をしてはいけないという医師もいますね。 「迷中の是非は是非ともに非なり」という諺がありますが、うつ病の人が迷いつつ判断するのはとても困難な展開になる場合が多いのです。 申請書などは書き方のマニュアルに沿ってきちんと書きもれがないよう注意し、働ける状態にないという事を会社にもしっかり理解してもらいましょう。 二回目以降でも申請について要件を満たせば通常は審査が通ります。 実際に傷病手当金を受給された方に話しを聞いてみると、このような制度があることで本当に助かり、しっかり治療できたと話されています。 自営業の国保にはない制度だけに会社勤めのメリットだと喜ばれていました。 疾病で入院などしている期間は民間の生命保険や高額医療限度額認定書などで補てんできました。 傷病手当金は、疾病そのものより、労働による給料の補てんなので、まさに鬼に金棒という存在なのですよね。 意外にもこの制度を知らない人が多いのに驚きます。 知っていれば人にも説明できるし、それはとても心強いものと言えるでしょう。 うつ病はしっかり治療を続ければ、少しずつでも回復する病気です。 また、認知の歪みから来ているとの説もあり、治療として認知行動療法を取り入れている病院もあります。 自動思考で常に心配事から離れられず、からまわりしてしまう。 そうこうしているうちに激しく強迫観念に見舞われたりするのはとても辛いですね。 一日中布団から離れられず寝込んでいる人もいれば、が強く出てきて、自殺未遂をする人もいます。 の反応性が低い人は、以外にも、を行ったり、リハビリやデイケアでの交流も重視されています。 また、精神病院での入院患者数もうつ病患者が大幅に増えています。 私が電気けいれん療法を受けるために入院した時も、大半の人がうつ病でした。 見た目は普通なのですが、ベッドから起き上がる事すらできずにいる人がたくさんいました。 私もそのうちの一人でしたが、を受給しながら電気けいれん療法を受ける事で、かなり回復する事が出来ました。 傷病手当金にしても、障害年金にしても、使えるものはフル活用して、うつ病を治していきましょう。

次の

うつ病で退職・休職する時に傷病手当金を確実に受給する方法

傷病手当 うつ病 書き方

病院に出して4ページ目を書いてもらう(書類受け取り時に手数料を払う)• 会社に出して証明を書いてから返送してもらう• 自分で書くところを書いて郵送するor持参する がおススメです。 (会社との関係が良好なら2. 病院は 口座番号など医療に関係ない個人情報まで書いてあるものをなるべく預かりたくない• 会社は できれば仕事を増やしたくないので、「まず医師の証明を取ってこい話はそれからだ」となる からです。 はい、それでは本題の『書き方』にいきましょー! 1ページ目:個人情報の記入 被保険者(自分のこと)情報 自分の持っている健康保険証の記号・番号を書く。 間違えないで! 自分で署名をしたら印鑑は必要ありませんが、不安なら押してもかまいません。 振込先指定口座 口座番号も間違えないで! 口座名義は、「゛」も1マス使いマス。 受け取り代理人欄 こちらは印鑑が必要です。 自分から見た関係(この場合では『子』)ではありません。 マイナンバー 退職して健康保険証を返納したあとに初申請する場合は、必ず書きましょう。 そして、 「本人確認書類添付台紙」に貼って送りましょう。 ちなみに私の場合は 私はまだ保険証を持っている(=在籍中)ときに初申請したのですが、けんぽに二度目の アタックをしかけた訪問をしたときに 「あ、あなたの場合はマイナンバー書かなくていいですからね~(念のため」と言われました。 (まぁ初回で何も言われなかったし、そんな欄があるなんて気付いてなかったんですけど) 2ページ目:申請の理由や他の受給状況の確認 申請内容 傷病名 4ページ目で医師が書いた「傷病名」をそのまんま書きます。 しかし字がきちゃなくて読めないとか、たくさんあるとかの場合は 「医師証明通り」の一言で事足ります。 横に病院名を鉛筆でメモ書きして。 病院Bを受診する前に休職したので、休職を決定づけた病院Aの初診日も書いて、『医師の証明』ももらいました。 (つまり初回だけ書類=医師証明部分を2セット出しました。 ) 病院(ここでは病院B)は、自分のとこで診察を受ける前については証明ができないのです。 3日分の支給額>医師証明手数料 なので、心身つらかったけど手続きがんばりました……。 療養のために休んだ期間 これは素直に書けばいいです。 公休日も含めて、すなお~にカレンダー見ながら「1、2、3、…」って数えていきます。 確認事項 ここは正直に書きましょう。 3ページ目(基本ノータッチ) 被保険者氏名が書き忘れられてたら自分で書いちゃいましょう。 (そんな総務部いやだ) また、 「会社が証明したことが真実」という扱いなので、自分でチェックできるところは目を皿のようにしてチェックしてください。 医療事務さんがきちんとチェックしてくれるでしょう。 これはかなり助かった! 私プリンター持ってないからコンビニで印刷する羽目になるとこだったし、一人暮らしだから封筒常備してないし。 「悪いけど切手は自分で買って貼ってね」 ええ、もちろん。 十分ですわ。 *** はい、以上が私の「傷病手当金支給申請書」に関する体験でした。 一番分かりやすくてすごく助かりました。 という感じでしたね。 前もってこのページで学習させていただいたので、予め協会けんぽに直接行って説明も聞き、書類も貰っておきました。 最初に病院の診断書を持って事業主と話したときは「こういうことはよくあって慣れている。 社労士が申請書を確認して年金事務所に持っていくのが普通だから」と言われて(は?何言ってんだ…)と思いながら、 【何か不備があった時に心配だし不安だから自分で持っていきます】と自信を持って言えました。 その後もいろいろとありましたが、とにかくこのページのおかげで会社側の不備ありありでの書類提出を回避することができました。 本当に感謝です。 ありがとうございました。

次の