ランプ シミック

コンボがそろってしまえば… ライブラリアウトしない限りはトークンが増えていくので勝ちですね。 一度マリガンをしたのなら、7枚のときよりもリスクをとる意識を強めます。 一方、《溶岩コイル》で簡単に対処されてしまうため、出しどころは十分に気をつけましょう。

私はロンドンマリガンでカードを戻す際に土地やその他のマナ源を多めにキープして失敗してしまう傾向にありますが、多くの要因が絡むので絶対のルールはありません。 「このままでは明日のデッキがない。
ランプ シミック

基本的には悠長な置物なので 盤面が膠着してる時に持ってくる置物なのかなぁ…と思われます。

2
《集団強制》を排している分1ゲーム目の優位性が下がっているのは間違いないが、敗北したゲームは共に相手が先攻で、こちらの土地が2枚以下で止まってしまったため関係性が薄く、練習段階では高勝率をキープできていたので実際のところは問題視していない。
ランプ シミック

代わりに入れていたのが《生体性軟泥》です。

4
その前に必要なマナを《森》から出しておきましょう。 しかしここがカードゲームの難しいところで、特定のデッキがベターであることが浸透してくると、ミラーマッチが増加し、その結果ベターデッキはベターでなくなることがある。
ランプ シミック

エンチャントなので対処されづらく、手札破壊によって反転も早まります。 手札に除去がないので、《遁走する蒸気族》の脅威が非常に大きく、1~2ターンしか猶予がありません。 ハイドロイド コンボパーツを探したり、飛行で殴ったり。

強力なカードを立て続けに唱えることで、有利な盤面を形成しよう。
ランプ シミック

。 そもそもシミックカラーでコンボデッキなら、6マナ出せたら勝てるシミックネクサスを使わない理由がない。 簡単に対処されてしまう。

戦場に出たときの能力で残りの1枚が墓地に落ちると勝てなくなってしまうからです。
ランプ シミック

後述のマリガン基準でも触れますが、初手にこれらのカードが1枚もなければ即マリガンすべきです。 リー・シー・ティエンはイゼットフェニックスと白単が気に入っていたが、彼の意見に賛同するものはいなかった。

ジャンドサクリファイスに勝てることがシミックランプを使う理由のひとつだったため、こういった負け筋があるのは大きな懸念事項である。
ランプ シミック

メタゲームの二極化が進んでいる。 ここで無限ターンを狙いたい場合は 《》を使用することになります。 《ハイドロイド混成体》 今のマジック・ザ・ギャザリングのスタンダード環境(DMに表すと2ブロックのこと で多くのデッキに採用されている強力なカードです。

20
この点についてはかつてフリーフォーラムに書いたことがありますので、興味をお持ちの方はからご覧ください。