釜山 ホテル。 Hotels near 釜山駅, 釜山, 韓国

Hotels near 釜山駅, 釜山, 韓国

釜山 ホテル

釜山旅行でよくある質問 釜山旅行でおすすめの時期は? 釜山は韓国の内陸部と比較すると、海洋性気候の影響で四季の変化がはっきりしているエリアです。 比較的温暖で、体感温度は日本の東京とほとんど同じか少し低いくらいとなっています。 夏と冬の気温差もそこまで大きくはなく、一年中過ごしやすい気候です。 釜山も6〜7月は梅雨の時期なので、雨が嫌だという人はこの時期を避けた方がいいでしょう。 観光目的であれば、春の3〜5月もしくは秋の9〜11月がおすすめです。 晴れて穏やかな天候が多く、桜や紅葉を楽しめます。 ショッピングが目的なら夏の6〜8月か冬の12〜2月がおすすめです。 この時期は外国人向けに免税店が一斉にセールを開催するので、お得に買い物ができます。 夏に行けばビーチも楽しめます。 釜山旅行の魅力は? 釜山は世界的にも有名な港町で、韓国の首都ソウルにはない魅力がたっぷり詰まったエリアです。 韓国グルメはもちろん、ショッピングやリゾートも楽しめます。 釜山の繁華街にある国際市場はアメ横のような市場で、さまざまなお土産を購入できます。 また、海鮮市場であるチャガルチ魚市場では、購入した魚介類を市場内で調理してもらえるサービスが人気です。 釜山国際映画祭の開催場所であるPIFF広場ではB級グルメを堪能できます。 南浦や西面エリアにはショッピングポイントや免税店がたくさんあるので、観光客や若者に人気のスポットです。 観光を楽しんだら、釜山のリゾートで体を休めましょう。 市内東部の海雲台(ヘウンデ)は、リゾートビーチとして有名なエリアです。 弓なりの浜辺には釜山の有名高級ホテルが軒を連ねています。 金井山の麓にある東莱(トンネ)は、天然温泉水を有する韓国の代表的な温泉場です。 このように観光やショッピングを楽しみつつ、リゾートで心も体も癒せるところが釜山旅行の魅力となっています。 釜山へのアクセス方法 釜山の玄関口である金海国際空港(PUS)へは、日本の主要空港から直行便が運航しているほか、福岡や下関などから船で行く方法もあります。 空港から市内へは、リムジンバス、タクシー、電車を利用するのがおすすめです。 中でも釜山 金海軽電鉄は空港から沙上駅まで直結していて、所要時間もわずか6分と短く非常に便利です。 市内中心部へ行くには沙上駅で地下鉄に乗り換えてください。 船の場合、ターミナルを降りて徒歩1分の位置にある地下鉄1号線中央駅が、釜山駅まで1駅で行けるので便利です。 市内では、低料金で気軽に利用できる地下鉄4路線が移動に役立ちます。 市内バス路線も充実していてシティーツアーバスやシャトルバスがあるので、交通の便に困ることはありません。 釜山はどんなところ? 釜山は韓国の主要都市の中で最も日本に近いことから、古くから朝鮮半島と日本とを結ぶ交通の要所でした。 首都ソウルに次ぐ韓国第2の都市として政治、経済、文化面で重要な役割を担っています。 都会のソウルよりもアットホームな雰囲気が漂い、また活気溢れた市場が魅力の街と言えるでしょう。 観光しやすく物価が安いので、ソウルよりも釜山が好きという旅行客もとても多いです。 また、釜山は国内有数の観光リゾート地で、外国からの観光客が押し寄せます。 観光客のお目当てはショッピングと海雲台(ヘウンデ)のビーチで、夏になると数百万人の避暑客がやってくる一大観光スポットです。 戦前には日本人が大陸進出の拠点として住んでいた歴史があり、街の随所に日本式の家屋が残っています。 街を歩く際は、日本との類似点を探しながら観光すると違った楽しみ方もできるでしょう。 釜山 おすすめの宿泊• その他のホテルおすすめ 釜山周辺で一番きれいなホテルをお探しのお客様へ - J モーテル プサン 釜山周辺で一番サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - インカ モーテル 釜山周辺で一番便利なホテルをお探しのお客様へ - J モーテル プサン 下のリンクで割引のホテルをご確認できます。 釜山の観光地 毎日夜明け前から遠近海の300種を越える魚介類が次々と運び込まれ活気に包まれる市場で、鮮魚販売の露店が集まっています。 市場のシンボルであるカモメをモチーフにした建物が特徴で、日本では見られないような珍しい魚介類や韓国料理が楽しめます。 市場で購入した魚介類は、建物内にある食堂エリアで調理してもらうことも可能です。 薬味代を出せば、希望する方法で調理してくれてその場で食べられます。 ぜひ、購入したての新鮮な魚を刺身や海鮮鍋で楽しんでみてください。 周囲には宿泊施設も多いので、グルメを楽しみたい方はチャガルチ魚市場周辺で予約をとってもいいでしょう。 市場は朝早くからやっているので、朝食目的に訪れるのもおすすめです。 韓国内でも有数のリゾートビーチとして、海雲台ビーチと人気を二分するビーチです。 昼は水上スキーなどのマリンスポーツを楽しみ、夜はライトアップされた広安大橋を眺められる絶景スポットになります。 観光客で盛り上がる海雲台ビーチよりももっとカジュアルな雰囲気で、地元の人にも愛されているビーチです。 ビーチ沿いにはオシャレなカフェや刺身センター、遊園地などがあり、季節や昼夜を問わず遊べます。 夜景を肴にお酒を飲むもよし、夜のお散歩をするもよし、地元のカップルのようにデートをするもよし。 広安里ビーチの楽しみ方は無限大です。 ビーチ沿いのオブジェや南国風の街路樹なども、リゾートチックな気分を盛り上げてくれます。 イベントやストリートパフォーマンスも多く、韓国のカルチャーに気軽に触れることができます。 音楽を楽しみながら聴く波音はまた格別です。

次の

釜山(プサン)のおすすめホテル!便利な立地でコスパが高いホテル18選

釜山 ホテル

釜山のホテル料金の相場 釜山のホテル料金は、日本とそう大きく変わらず、首都の ソウルに比べるとやや安いのが特徴です。 釜山のホテル相場はビジネスホテルで、1泊1室(食事なしプラン)7,000~8,000円くらいが目安となります。 釜山では最低限の設備が整った、3つ星クラスのビジネスホテルが人気です。 ヨーロッパや東南アジアの同ランクのホテルに比べれば、かなり快適に過ごせるでしょう。 一方で、4~5つ星クラスの高級ホテルはそれほど多くないので、選択肢が限られます。 また、毎年10月に開催される釜山国際映画祭の期間中は、宿泊料金が高くなるので早めの予約が肝心です。 ホテルランク 料金相場 2つ星 4,000~6,000円 3つ星 5,000~10,000円 4つ星 10,000~20,000円 5つ星 20,000円~30,000円 釜山観光に便利な宿泊エリア 釜山にはシティエリア、リゾートエリア、温泉エリアなどいくつか宿泊エリアがありますが、観光に便利な「西面」「南浦洞・釜山駅」「海雲台」のいずれかのエリアに宿泊するのがおすすめです。 西面(ソミョン)エリア 西面(ソミョン)は、地下鉄1号線と2号線が交わる西面駅を中心としたエリアです。 釜山の各エリアの中間的な場所に位置しており、南浦洞や海雲台エリアへアクセスしやすいのが特徴です。 西面駅に直結したロッテ百貨店とは、カジノや免税店も併設する街のランドマーク的存在となっています。 西面は夜遅くまで賑わう繁華街なので、グルメやショッピングも存分に楽むことができます。 釜山名物のデジクッパ店が軒を連ねるデジクッパ横丁があり、観光客にも大人気のグルメスポットとなっているんですよ。 空港へは約30分で行けるので 空港アクセスを重視する方、市内をあちこち観光したい方におすすめのエリアです。 南浦洞(ナンポドン)・釜山駅エリア 釜山市内で最も賑わう南浦洞(ナンポドン)は、 観光・グルメ・ショッピングを満喫したい方におすすめのエリアです。 街のランドマークである釜山タワー、獲れたての魚介類が並ぶチャガルチ市場、ディープな雰囲気が楽しめる国際市場、屋台フードが集まるBIFF広場など、魅力的なスポットが多くあります。 ホテル探しは、南浦駅とチャガルチ駅にかけて延びるショッピングストリートの「光復路通り」を中心に選ぶと良いでしょう。 また、世界遺産の街・慶州へ行かれる方は、南浦洞の北にある 釜山駅周辺に宿泊するのが便利です。 釜山駅からは新幹線のKTXが発着しているため、慶州へスムーズにアクセスできます。 釜山駅の隣には釜山港国際ターミナルがあり、大阪・博多・下関からのフェリーを利用する方もこちらのエリアがおすすめです。 海雲台(ヘウンデ)エリア 海雲台(ヘウンデ)は、釜山中心部から30分、空港から90分の場所にある韓国を代表するリゾートエリアです。 このエリアの中心となるのが海雲台ビーチで、約2㎞に渡って美しい砂浜が続いています。 他のエリアに比べて利便性は落ちますが、 ホテルライフを楽しんだり、ゆったり旅をしたい方におすすめのエリアです。 海雲台はリゾート地なので、ビーチ沿いには高級ホテルも多くあります。 中でも一番人気のでは、カジノや天然温泉も楽しめるのが魅力です。 海雲台駅の3駅隣には大型ショッピングモールが集まるセンタムシティがあります。 韓国版スーパー銭湯の「新世界スパランド」もあるので、天然温泉やサウナでゆっくり疲れを取るのも良いですね。 地下鉄の西面駅に直結しており、ホテル前には空港バスが停まる最高の立地にあります。 ホテルのB1階から地下街を通って駅に行けるので、雨に濡れる心配もありません。 ロッテ百貨店と免税店も併設しており、ホテル内にはサウナ・浴場・ジム・プール・カジノまで完備。 またクラブフロアに宿泊すると専用ラウンジを利用でき、朝食・アフタヌーンティー・カクテルタイム(アルコール有り)には無料で飲食できるのが魅力です。 他のホテルに比べて 立地がやや落ちる分、宿泊料金は安いのが特徴です。 地下鉄までは徒歩5分、釜山駅や南浦洞へは無料送迎サービスがあるので、それほど不便には感じないでしょう。 ホテル前には空港バスの停留所、隣にはセブンイレブンもあります。 朝食は無料付きで、1階にはランドリールームや製氷機など、旅行者に嬉しい設備があるのもポイントです。 より利便性の高いホテルを求める方は、釜山駅前のがおすすめです。 フェリーで釜山に来られる方や、新幹線KTXで慶州に行かれる方はこちらの方が便利でしょう。 海雲台ビーチ前という絶好のロケーションにあるため、ホテルからは美しい景色が一望できます。 プールや天然温泉、サウナまで付いており、リゾートを満喫するにはぴったりのホテルと言えるでしょう。 地下鉄までは少し歩きますが、周辺には人気のグルメスポットが集まっています。 ホテル前には空港バスの停留所があるので、空港アクセスも便利です。 地下鉄までは徒歩5分という好立地ながらも、 リーズナブルな価格で広めのお部屋に泊まれるのが魅力です。 部屋の広さは30㎡あり、大きめのバスタブやウォシュレット付きトイレも備わっています。 1階にはコンビニのGS25、隣にはセブンイレブンがあるのでちょっとした買い物も便利。 空港バスの停留所が近くにあり、周辺には飲食店も多くあるため食事する場所にも困りません。 リゾートの海雲台エリアに格安で宿泊でき、日本の安心クオリティを感じられるのが魅力でしょう。 徒歩10分ほどの場所にはもありますが、海雲台2の方が新しくて綺麗なのでおすすめです。 西面や釜山駅の東横インと同様に、客室内には必要な設備が整っており、朝食も無料で付いています。 地下鉄までは少し歩きますが、空港バス乗り場も近くにありますよ。

次の

Top Hotels in Busan from ¥5,367 (FREE cancellation on select hotels)

釜山 ホテル

釜山旅行でよくある質問 釜山旅行でおすすめの時期は? 釜山は韓国の内陸部と比較すると、海洋性気候の影響で四季の変化がはっきりしているエリアです。 比較的温暖で、体感温度は日本の東京とほとんど同じか少し低いくらいとなっています。 夏と冬の気温差もそこまで大きくはなく、一年中過ごしやすい気候です。 釜山も6〜7月は梅雨の時期なので、雨が嫌だという人はこの時期を避けた方がいいでしょう。 観光目的であれば、春の3〜5月もしくは秋の9〜11月がおすすめです。 晴れて穏やかな天候が多く、桜や紅葉を楽しめます。 ショッピングが目的なら夏の6〜8月か冬の12〜2月がおすすめです。 この時期は外国人向けに免税店が一斉にセールを開催するので、お得に買い物ができます。 夏に行けばビーチも楽しめます。 釜山旅行の魅力は? 釜山は世界的にも有名な港町で、韓国の首都ソウルにはない魅力がたっぷり詰まったエリアです。 韓国グルメはもちろん、ショッピングやリゾートも楽しめます。 釜山の繁華街にある国際市場はアメ横のような市場で、さまざまなお土産を購入できます。 また、海鮮市場であるチャガルチ魚市場では、購入した魚介類を市場内で調理してもらえるサービスが人気です。 釜山国際映画祭の開催場所であるPIFF広場ではB級グルメを堪能できます。 南浦や西面エリアにはショッピングポイントや免税店がたくさんあるので、観光客や若者に人気のスポットです。 観光を楽しんだら、釜山のリゾートで体を休めましょう。 市内東部の海雲台(ヘウンデ)は、リゾートビーチとして有名なエリアです。 弓なりの浜辺には釜山の有名高級ホテルが軒を連ねています。 金井山の麓にある東莱(トンネ)は、天然温泉水を有する韓国の代表的な温泉場です。 このように観光やショッピングを楽しみつつ、リゾートで心も体も癒せるところが釜山旅行の魅力となっています。 釜山へのアクセス方法 釜山の玄関口である金海国際空港(PUS)へは、日本の主要空港から直行便が運航しているほか、福岡や下関などから船で行く方法もあります。 空港から市内へは、リムジンバス、タクシー、電車を利用するのがおすすめです。 中でも釜山 金海軽電鉄は空港から沙上駅まで直結していて、所要時間もわずか6分と短く非常に便利です。 市内中心部へ行くには沙上駅で地下鉄に乗り換えてください。 船の場合、ターミナルを降りて徒歩1分の位置にある地下鉄1号線中央駅が、釜山駅まで1駅で行けるので便利です。 市内では、低料金で気軽に利用できる地下鉄4路線が移動に役立ちます。 市内バス路線も充実していてシティーツアーバスやシャトルバスがあるので、交通の便に困ることはありません。 釜山はどんなところ? 釜山は韓国の主要都市の中で最も日本に近いことから、古くから朝鮮半島と日本とを結ぶ交通の要所でした。 首都ソウルに次ぐ韓国第2の都市として政治、経済、文化面で重要な役割を担っています。 都会のソウルよりもアットホームな雰囲気が漂い、また活気溢れた市場が魅力の街と言えるでしょう。 観光しやすく物価が安いので、ソウルよりも釜山が好きという旅行客もとても多いです。 また、釜山は国内有数の観光リゾート地で、外国からの観光客が押し寄せます。 観光客のお目当てはショッピングと海雲台(ヘウンデ)のビーチで、夏になると数百万人の避暑客がやってくる一大観光スポットです。 戦前には日本人が大陸進出の拠点として住んでいた歴史があり、街の随所に日本式の家屋が残っています。 街を歩く際は、日本との類似点を探しながら観光すると違った楽しみ方もできるでしょう。 釜山 おすすめの宿泊• その他のホテルおすすめ 釜山周辺で一番きれいなホテルをお探しのお客様へ - J モーテル プサン 釜山周辺で一番サービスがいいホテルをお探しのお客様へ - インカ モーテル 釜山周辺で一番便利なホテルをお探しのお客様へ - J モーテル プサン 下のリンクで割引のホテルをご確認できます。 釜山の観光地 毎日夜明け前から遠近海の300種を越える魚介類が次々と運び込まれ活気に包まれる市場で、鮮魚販売の露店が集まっています。 市場のシンボルであるカモメをモチーフにした建物が特徴で、日本では見られないような珍しい魚介類や韓国料理が楽しめます。 市場で購入した魚介類は、建物内にある食堂エリアで調理してもらうことも可能です。 薬味代を出せば、希望する方法で調理してくれてその場で食べられます。 ぜひ、購入したての新鮮な魚を刺身や海鮮鍋で楽しんでみてください。 周囲には宿泊施設も多いので、グルメを楽しみたい方はチャガルチ魚市場周辺で予約をとってもいいでしょう。 市場は朝早くからやっているので、朝食目的に訪れるのもおすすめです。 韓国内でも有数のリゾートビーチとして、海雲台ビーチと人気を二分するビーチです。 昼は水上スキーなどのマリンスポーツを楽しみ、夜はライトアップされた広安大橋を眺められる絶景スポットになります。 観光客で盛り上がる海雲台ビーチよりももっとカジュアルな雰囲気で、地元の人にも愛されているビーチです。 ビーチ沿いにはオシャレなカフェや刺身センター、遊園地などがあり、季節や昼夜を問わず遊べます。 夜景を肴にお酒を飲むもよし、夜のお散歩をするもよし、地元のカップルのようにデートをするもよし。 広安里ビーチの楽しみ方は無限大です。 ビーチ沿いのオブジェや南国風の街路樹なども、リゾートチックな気分を盛り上げてくれます。 イベントやストリートパフォーマンスも多く、韓国のカルチャーに気軽に触れることができます。 音楽を楽しみながら聴く波音はまた格別です。

次の